STAFF BLOG

甲子園は最終日でした!!!

皆さん、猛暑、台風のお盆は如何でしたか。

 

今日は甲子園最終日で決勝戦は大阪の履正社と石川の星陵、大会屈指の奥川投手を攻略した履正社が5×3で優勝しました。

素晴らしい決勝戦で今年の大会でも見応えのある試合でした。

優勝した履正社高校、ならび関係者の皆さんおめでとうございます。

大阪には私どものお客様も多くきっと応援していたことでしょう。

おめでとうございます。

 

星陵高校は残念でしたが準優勝おめでとうございます。

履正社は打倒星陵、打倒奥川、と目標を持って練習し、その結果全国制覇出来ましたと述べています。

ライバルによってお互いが切磋琢磨した試合を見られて今年の夏は終わりました。

 

お盆が終わり、甲子園が終わり、もうじき夏休みが終わる時期になり季節の変わりを感じてきました。

皆さん、夏バテや熱中症は大丈夫でしたか?

残暑はまだあると思いますが、体調を整えて冬に備えてください。

 

 

オフトレの日程を調整しています。

東京オフトレーニング、大阪オフトレ大阪は9月初旬に発表します。

お待ちください。

 

小林平康

 

↑ このページのTOPへ

甲子園と来期スケジュール

皆さん、暑中お見舞い申し上げます。

 

暑い日が続き体調は如何ですか!!!!

 

この時期、私はテレビで甲子園の熱闘を見ながら中里スキー学校来期スケジュールを考えています。

毎年のことですが、暑い日に寒い日のことを考えると少しは涼みます。(笑い)

 

甲子園は昔と違い全国どこの高校にも優勝のチャンスがありますね。

昔は西高東低の気圧配置のように東日本や北海道は弱く1回戦で敗れることが多いのが30年ほど前のことです。

今は北海道の苫小牧が優勝したり、昨年は秋田の金足農が準優勝だったりどこの高校でも優勝のチャンスがあり、見応えのある試合が続いて興奮しています。

 

皆さんの応援している高校は如何ですか!!!!

私は郷土の「秋田」と住んでいる「東京」、スキー学校がある「新潟」を応援しています。

秋田の秋田中央は京都の立命館宇治に0×1で惜敗でした。

 

東東京の関東一高は新潟の日本文理と対戦し10×6で関東一高が勝ちました。

どちらも勝って欲しい学校でした。

関東一高は25年前くらいまで中里スキー学校でスキー授業をしていました。

マンモス校なので300人〜500人にもなるのでスキー教師の確保が大変でした。

その当時から野球部員はスキー授業は免除されていました。

当時の教師は担当するクラスの「ボス」を早く上達させると、俺に付いてこいとなり全体がまとまって上達する方法を行っていました。

大変効果のある方法で最後日にスキー授業なので試験を行うと全員合格でしたよ。。。。。

毎年、スキー授業の感想やお礼の手紙を頂いたのを記憶しています。

 

おっと、来季のスケジュールでしたね。

来季は12月14日(土)からの開校です。

スケジュールで大きな変更はありません。

昨年は混雑時にリフト優先乗車で皆さんの滑走本数、距離が多くなって上達に繋がりました。

やはり、レッスンで同じことを続けると覚えたことを身につけることが出来ます。

ぜひ、皆さん優先乗車を有効活用してください。お友達にも教えてあげてください。

 

ただ、10月から消費税が上がると一般レッスンなどは値上げとなります。

値上げとなる場合は、レッスン内容や他校の様子を見て決定する予定です。

スノーメンバーは昨年と同じ料金となります。

今年はパンフレットの送付が遅くなる場合がありますのでご了承ください。

 

夏はまだまだ続きます。

暑さに負けず体調を保って冬に備えてください。

私も「スクワット」を続けていますよ!!!!

 

小林平康

↑ このページのTOPへ

ついに猛暑になりました。

皆さん、梅雨が明け夏本番ですね。

 

全国的に猛暑になっています。

夏バテになる季節です。

 

身体の不調はありませんか!!!

 

スクワット続けている方、お疲れさまです。

続けていると両足、腹筋、背筋などの筋肉が少しでも増えているはずです。

筋肉が増えるとその分水分の蓄えがあり、脱水症になりにくく夏を乗り越える身体となります。

 

他のトレーニングでも同じことがいえるので皆さん、猛暑を乗り切るため頑張ってください。

 

 

小林平康

↑ このページのTOPへ

長い梅雨如何ですか!!!

皆さん、今年の梅雨は長く、地方によっては長雨や豪雨ですね。

 

豪雨で被害に遭われた方にはお見舞い申し上げます。

 

晴れていると空の下でトレーニングも出来ますが、これほど長雨が続くとジムだよりとなります。

ジムにも行けない忙しい方に苦肉の策をアドバイス。

 

トレーニング出来ないけど日常で一つだけ続けてもらいたいのが「スクワット」です。

場所をとらず時間が少なくて効果がある「スクワット」

30回を3セット、およそ10分で効果があります。

 

目標としては両足の前と後ろの筋肉を均等に強化する「スクワット」を目指してください。

コツは曲げる際、上体の「前傾」を少しつけ、前傾を維持して立ち上がり、伸ばしきらずまた曲げ動作を連続します。

伸ばすとき両足の後ろ側、「ハムストリング」を伸ばすと均等に強化できます。

上体を伸ばしたまま行うと前側の大腿部は強化できますが、ハムストリングはわずかです。

 

晴れた日は思いっきり全身をトレーニングしてください。

 

 

小林平康

 

↑ このページのTOPへ

乗鞍キャンプ・中止

皆さん、今週末から開催予定だった乗鞍キャンプは中止となりました。

 

突然ですが宿舎となるP・樹間舎さんからの連絡で、女主人の「お母さん」が「味覚障害」になったため料理を提供できないとのこと。

参加者の皆さんからいつも美味しいと評判の朝食や夕食を作れないためです。

他の宿舎も考えましたが、参加するお客様が満足頂ける宿舎をこれから探すことは難しいと判断し中止としました。

 

もう一つは、全国的に梅雨の長雨が続いています。

乗鞍は雨量の多い山でこれまで何回も雨で雪渓まで行けないことがあり、一番の大敵は長雨でした。

道路が交通止めとなるとキャンプも出来ないことがあり中止の一因となりました。

 

参加予定の皆さん、突然のことで大変申し訳ありませんがご了承お願い申し上げます。

 

P・樹間舎のお母さんの回復をせつに願っています。

お母さんからは早く治して来年は開催したいと申していました。

 

 

小林平康

↑ このページのTOPへ

乗鞍キャンプ状況

皆さん、ご無沙汰しています。

 

 

月山キャンプが終わってオフシーズンに入ったので今日までご無沙汰でした。

 

来週の乗鞍キャンプについて

キャンセルが出たのでお知らせです。

男女とも1名の空きがあります。

ご希望の方はお知らせください。

 

ノリクラ雪渓カレンダーの山田さんの情報では、昨年より雪は多いようです。

7月5日〜7日の天気が良ければ最高のキャンプになると思います。

 

 

小林平康

 

↑ このページのTOPへ

月山キャンプ終了

皆さん、月山キャンプが終了しました。

 

最終日は曇りで朝からガスが出てしまい見えたり見えなかったりの連続でしたが、レッスンは順調に行いました。

ブーツ滑りが気に入ったようで何度も繰り返してスキーをすると滑りが変わる方もいました。

このブーツ滑り効果は帰りの縦ミゾ斜面で効果がありました。

縦ミゾを攻略するには両足をダイレクトに谷に落とし込むと斜面の影響を最小限出来ます。

ブーツ滑りは両足をダイレクトに落とし込むのに効果的でした。

 

午後はリフトを利用してのレッスンと天気が持ち直したので撮影です。

コブ、すり鉢、片斜面、超急斜面などで滑りを確認しました。

 

参加者の皆さん、お疲れさまでした。

今年も怪我や事故が無く終了できたのは皆様のご協力のおかげです。

有難うございます。

 

月山キャンプではいろいろな方にお世話になりました。

リフトを運営する月山観光の皆さん、有難うございます。

特に、いつも場内放送で私たちを和ましてくれる「ハマさん」

優しい口調で時には厳しく、時にはユーモアを交えての放送は私たちのオアシスです。

Tバーの「ツルさん」今年も元気で私たちを迎えてくれました。

 

「ロッジ・やつなみ」の親父さん、奥様、息子のアッキー君、そして従業員の皆さん有難うございます。

今年は人数が少ないにもかかわらず親切に対応してくれロッジでの一時は月山の楽しみの一つとなりました。

もう一つ、テラスで飲む「テラスビール」は恒例となり、私たちをマネる他のキャンプグループもいます。

 

月山キャンプは終了して7月は乗鞍キャンプになります。

空きはあと3人となっています。

ご希望の方は連絡してください。

 

 

小林平康

 

↑ このページのTOPへ

ラッキーな月山

皆さん、先週までの好天と違い今週は雨や風の悪天候が予報されています。

 

しかし、今日の月山は朝一は雨でしたが、徐々に雨は上がり曇りながら視界の良いラッキーな月山となりました。

 

雪は硬く締まり大変良く滑ります。

特にTバー斜面や片斜面は良く滑りました。

雨上がりなので凹凸が少しありますが滑りには大きな問題はありません。

 

 

写真はリフト横でいつもスキーヤー、ボーダーを見守ってくれる「ウルトラマン」が、今年も私達を見守ってくれています。

本当に心温まるポイントです。

どこいるか分かりますか??????

 

 

小林平康

↑ このページのTOPへ

今日は牛首!!!

皆さん、今日は朝から気温が高く快晴と良い天気に恵まれました。

 

気温が高くなれば雪が緩み水分が多くなって滑りが悪くなります。

レッスンはこれまで行ってきた操作や運動で「スキーを滑らせる」ことがテーマになりました。

昨日は雪が滑ったので滑らせる操作をしなくても円を描けましたが、雪が緩んで滑らないコンデションでは積極的滑らせる操作が必要です。

 

スキーを体から離し過ぎると前に滑らせることが出来なくなります。

そこで体の近くでスキーを前に滑らせます。

前に滑らせると両スキー(両足)が円を描いて体の前に戻ってきます。

その結果、次のターンに繋がるのです。

 

今日は雪が緩んだので牛首に行きました。

上部は雪が柔らかく斜面も滑りやすいので急斜面に飛び込む写真などが撮れました。

しかし、50mほど滑ると縦ミゾが深くなり危険地帯がありました。

 

いつ見ても感動する牛首!!!

 

 

小林平康

 

↑ このページのTOPへ

ガスから快晴

皆さん、今日は朝からガスで視界0,しかし、レッスン開始から晴れて午後は快晴でした。

 

ラッキーな一日はラッキーな終了を迎えました。

 

午前中はTバーでレッスン、技術のベース作りが目的で毎回行っているわけですが、レッスンの成果を午後の実践的な斜面でも確認しています。

 

午後はコブ、沢コースのスリ針形状、急斜面の片斜面と3つのコンデションで成果を試しています。

3つのコンデションは違いますが、午前中に身についた方法はすぐに役立ちます。

今日も成果を実感していました。

 

天気のおかげで良い写真も撮れています。

 

小林平康

 

 

↑ このページのTOPへ