活動報告 | STAFF BLOG

試乗会が終了

皆さん、昨日までに行われた試乗会が終了しました。

 

3メーカー、18台の新モデルを試乗した皆さん自分に合ったスキーは見つかりましたか?

中には購入したいスキーを選んだ方もいました。

以前にも紹介したように自分に合うスキーは色々試乗していると、これだ!!! と感じるスキーがあります。

 

フォルクルスキーの担当者が来てくれて2日間、お客様と直接対話して細かいことまで理解して納得された方もいました。

 

この試乗会の始まりは当校を受講するお客様を対象にしていましたが、ここ数年は試乗会目当てに参加する方も増えました。

朝は硬い雪、午後は柔らかい雪と違うコンデションで試乗するとさらに自分に合うスキーを選べたと思います。

 

小林平康

↑ このページのTOPへ

たいまつ滑降&花火大会

皆さん、昨日の夜はカーニバルのメインイベント、たいまつ滑降&花火大会でした。

 

たいまつ滑降には教師のほとんどが参加し、チャレンジコースの急斜面をたいまつの明かりを頼りに滑ります。

 

花火大会は毎年感動します。

 

昨日は天候に恵まれスキーもカーニバルも楽しめました。

 

 

小林平康

 

↑ このページのTOPへ

白馬三山をバックに

皆さん、今日は八方で快晴に恵まれました。

 

滅多にお目にかかれない白馬三山がクッキリ、周りは大勢のスキーヤーと登山者もいました。

山が大きく雄大な姿を見ると何故か心が広くなるのは私だけではないと思います。

 

斜面も雪も良く急斜面のタテッコはカリンカリンのアイスバーンでした。

まともに回転弧を連続できる人はほとんどいませんでした。

私達のグループはショートターンを連続し滑りきりました。

 

明日も天気が良いようなので楽しんで帰ります。

 

 

小林平康

↑ このページのTOPへ

3社合同試乗会

皆さん、1月30日は菅平高原スキー場で3社合同の2019〜20モデルの試乗会がありました。

 

天気に恵まれて快晴の中で行われた試乗会、会場は効率の良い斜面と高速リフトで大勢のディラーの皆さんは3社のスキーを熱心に試乗していました。

朝9時半から午後の2時半まで5時間の長さでしたが、およそですが1人が20〜40台ほどのスキーを試乗していました。

 

お店で販売するスキー選びですから皆さん真剣です。

そしてメーカーの方も来期の営業実績に関わるのでこちらも真剣勝負といった雰囲気です。

 

その中でも懐かしい人に出会えたりして和やかさもあります。

私も数人の知人と会えて本当に良かったです。

 

スキーの内容は2月後半にならないと公開できませんが、いつものフォルクル以外にフィッシャー、ヘッドも試乗してきました。

 

小林平康

 

↑ このページのTOPへ

大阪セミナー

皆さん、昨日から八方で大阪セミナーを行っています。

 

昨日はスキー場上部は強風のためリフトが動かず兎平の上は写真のように猛吹雪でした。

八方のように標高差があるスキー場は上がクローズでも中間から下がオープンすることがあります。

中里のように1本のリフトで上まで行けるスキー場と違いどこで滑るか迷うことがあります。

 

午前は咲花ゲレンデで外スキー1本の滑りからスタートです。

咲花は緩斜面で滑りのベースを作るのに最適です。

外スキー1本で前後操作とわずかですが角付け角を深める操作をトレーニングです。

この2つの操作で体のバランスを整え、自分のベストポジションを身につけます。

何本か滑るうちにベストポジションになる人が増えてスキーがたわみカービングします。

このあと両スキーで前後操作と角付け操作を行うと大変良いバランスとなり、急斜面でもバランスが崩れない滑りとなります。

 

午後は急斜面のたてっこやセントラルのコブにもトライ、皆さん急斜面とは思えない安定した滑りをしていました。

リーゼンクワッドで登ったところ兎平から上は写真のように猛吹雪、ホワイトアウトしないように降りてきました。

 

小林平康

↑ このページのTOPへ

2019年・明けましておめでとうございます。

皆さん、2019年を迎えおめでとうございます。

 

皆様にとって健康で笑顔で良い年になることを祈っています。

 

今日の中里は昨日までの大雪から、新年を迎えるのに相応しい良い天気になりました。

久しぶりの晴れ間です。

昨日も急斜面のパウダーを楽しむ人達が沢山いました。

この3日間はまさにパウダー天国です。

 

ゲレンデも雪が安定し幅も広くなり滑りやすいコンデションとなりました。

もう中里に来て楽しんでいる人も多くいますが、まだの方はお越しをお待ちしています。

 

 

小林平康

↑ このページのTOPへ

最終日は最高のコンデション

皆さん、シーズンインコースの最終日でした。

 

朝から晴れて雪は最高のコンデションとなりスキー日和でした。

気温も上がりましたが雪はパウダー状態なので滑りやすく快適です。

 

今回も「さすが、かぐら」がありました。

 

中里を始め他のスキー場はオープンしていましたが、コンデションの良いかぐらに大勢の人、人でした。

朝のロープウェイは40分ほど待ちましたが、みつまた、田代に分散しているのでリフト待ちも少なくコースは時々空く時間もありました。

 

天気が良いとお客様の滑りも良くなります。

ご存じのT長やYさんは気持ちよさそうに滑っています。

今回は女性陣も多く回転弧を楽しむことが出来たと思います。

 

今年のシーズンインコースはキャンセルもあり、少ない日数でしたが参加された方は満足感があったと思います。

 

この後は中里で小林特別になります。

皆さん中里でお待ちしています。

 

 

小林平康

↑ このページのTOPへ

今日も雪でした。

皆さん、今日のかぐらは雪でした。

 

コースコンデションは良くなっています。

しかし、雪が降っているため視界が悪く雪面が見にくくなっています。

 

今日から田代スキー場がオープンしたので大混雑が無くなりレッスンは順調でした。

オフピステにも入りましたが問題ありません。

 

今日は午前はロングターン、午後はショートターンと余裕のあるレッスンが出来ました。

明日は晴れる予報なので皆さん期待しています。

 

小林平康

 

↑ このページのTOPへ

今日は猛吹雪

皆さん、シーズンインです。

 

かぐらは終日、猛吹雪でした。

特に上部は強風でブリザードとなり雪面が見にくく滑りにくいコンデションです。

かぐらの斜面は先週から比べると雪も増えて良くなりましたが、わずかな起伏があるためバランスが取りにくいコンデションとなっています。

 

午後は風が強くなったので、みつまたに移動して視界の良いところで滑りました。

 

午前は体軸を中心にした両足の円運動、午後は外足1本でスィートスポットを安定させる滑りを行い、最後は両スキーで行いました。

やはり、両スキー、両足の同調が出来る方は円運動が滑らかで悪いコンデションでも安定しています。

外足1本から両足になったときさらに円運動が楽にスムーズになっていました。

 

明日はもっとコンデションが良くなって欲しいものです。

 

 

小林平康

↑ このページのTOPへ

国内キャンプスタート

皆さん、昨日からかぐらでシーズンインコース・国内キャンプのスタートです。

 

昨日のかぐらはオープンしていましたが、積雪が少なくコース幅が狭い上人が多いので2本滑って下山しました。

 

今日は新雪が積もり良いコンデションと思っていましたが、やはり大勢の人が滑ると新雪はあっという間に硬いアイスバーンとコブになって所々に石やブッシュも出ていました。

滑りにくいコンデションでしたが、レッスンはこのコンデションでも通用するポジション作りを狙いとして行いました。

ポジションで重要なのはスキーがたわむポイント(スィートスポット)に体軸を安定させることです。

両足で滑ると体軸は広範囲に動かすことが可能ですが、スィートスポットが感じられない場合があります。

そこでスィートスポットが分かりやすい外スキー1本の交互操作で滑ってもらいました。

オーソドックスなトレーニングですが、効果はテキメン、スィートスポットに乗ってスキーのたわみで滑っています。

馴れてくると角付け角を少し深くする足首、膝、腰の動きがあって回転弧が深くなりたわみで走る感覚を身につけました。

 

午後は両足で滑り、両足を軸を中心に小さい円を描く動きを続けると、滑らかな回転弧と回転弧が繋がるようになりました。

 

感覚を聞くとスィートスポットに乗った瞬間、スキーが走る角付け角を深めると回転弧が深まるなどの感想があり、両足を円を描くように動かし続けることも可能になりました。

 

午後の最後はアイスバーンとコブだらけですが、連続したターンで影響が少ない滑りをしています。

 

かぐらはこのあと降雪予報が続くので来週のキャンプは良いコンデションになると思います。

中屋さんの前に止めていた車にはおよそ50cmの雪が積もっていました。

 

 

小林平康

 

↑ このページのTOPへ