活動報告 | STAFF BLOG

2019年・明けましておめでとうございます。

皆さん、2019年を迎えおめでとうございます。

 

皆様にとって健康で笑顔で良い年になることを祈っています。

 

今日の中里は昨日までの大雪から、新年を迎えるのに相応しい良い天気になりました。

久しぶりの晴れ間です。

昨日も急斜面のパウダーを楽しむ人達が沢山いました。

この3日間はまさにパウダー天国です。

 

ゲレンデも雪が安定し幅も広くなり滑りやすいコンデションとなりました。

もう中里に来て楽しんでいる人も多くいますが、まだの方はお越しをお待ちしています。

 

 

小林平康

↑ このページのTOPへ

最終日は最高のコンデション

皆さん、シーズンインコースの最終日でした。

 

朝から晴れて雪は最高のコンデションとなりスキー日和でした。

気温も上がりましたが雪はパウダー状態なので滑りやすく快適です。

 

今回も「さすが、かぐら」がありました。

 

中里を始め他のスキー場はオープンしていましたが、コンデションの良いかぐらに大勢の人、人でした。

朝のロープウェイは40分ほど待ちましたが、みつまた、田代に分散しているのでリフト待ちも少なくコースは時々空く時間もありました。

 

天気が良いとお客様の滑りも良くなります。

ご存じのT長やYさんは気持ちよさそうに滑っています。

今回は女性陣も多く回転弧を楽しむことが出来たと思います。

 

今年のシーズンインコースはキャンセルもあり、少ない日数でしたが参加された方は満足感があったと思います。

 

この後は中里で小林特別になります。

皆さん中里でお待ちしています。

 

 

小林平康

↑ このページのTOPへ

今日も雪でした。

皆さん、今日のかぐらは雪でした。

 

コースコンデションは良くなっています。

しかし、雪が降っているため視界が悪く雪面が見にくくなっています。

 

今日から田代スキー場がオープンしたので大混雑が無くなりレッスンは順調でした。

オフピステにも入りましたが問題ありません。

 

今日は午前はロングターン、午後はショートターンと余裕のあるレッスンが出来ました。

明日は晴れる予報なので皆さん期待しています。

 

小林平康

 

↑ このページのTOPへ

今日は猛吹雪

皆さん、シーズンインです。

 

かぐらは終日、猛吹雪でした。

特に上部は強風でブリザードとなり雪面が見にくく滑りにくいコンデションです。

かぐらの斜面は先週から比べると雪も増えて良くなりましたが、わずかな起伏があるためバランスが取りにくいコンデションとなっています。

 

午後は風が強くなったので、みつまたに移動して視界の良いところで滑りました。

 

午前は体軸を中心にした両足の円運動、午後は外足1本でスィートスポットを安定させる滑りを行い、最後は両スキーで行いました。

やはり、両スキー、両足の同調が出来る方は円運動が滑らかで悪いコンデションでも安定しています。

外足1本から両足になったときさらに円運動が楽にスムーズになっていました。

 

明日はもっとコンデションが良くなって欲しいものです。

 

 

小林平康

↑ このページのTOPへ

国内キャンプスタート

皆さん、昨日からかぐらでシーズンインコース・国内キャンプのスタートです。

 

昨日のかぐらはオープンしていましたが、積雪が少なくコース幅が狭い上人が多いので2本滑って下山しました。

 

今日は新雪が積もり良いコンデションと思っていましたが、やはり大勢の人が滑ると新雪はあっという間に硬いアイスバーンとコブになって所々に石やブッシュも出ていました。

滑りにくいコンデションでしたが、レッスンはこのコンデションでも通用するポジション作りを狙いとして行いました。

ポジションで重要なのはスキーがたわむポイント(スィートスポット)に体軸を安定させることです。

両足で滑ると体軸は広範囲に動かすことが可能ですが、スィートスポットが感じられない場合があります。

そこでスィートスポットが分かりやすい外スキー1本の交互操作で滑ってもらいました。

オーソドックスなトレーニングですが、効果はテキメン、スィートスポットに乗ってスキーのたわみで滑っています。

馴れてくると角付け角を少し深くする足首、膝、腰の動きがあって回転弧が深くなりたわみで走る感覚を身につけました。

 

午後は両足で滑り、両足を軸を中心に小さい円を描く動きを続けると、滑らかな回転弧と回転弧が繋がるようになりました。

 

感覚を聞くとスィートスポットに乗った瞬間、スキーが走る角付け角を深めると回転弧が深まるなどの感想があり、両足を円を描くように動かし続けることも可能になりました。

 

午後の最後はアイスバーンとコブだらけですが、連続したターンで影響が少ない滑りをしています。

 

かぐらはこのあと降雪予報が続くので来週のキャンプは良いコンデションになると思います。

中屋さんの前に止めていた車にはおよそ50cmの雪が積もっていました。

 

 

小林平康

 

↑ このページのTOPへ

最終日も良いコンデション!!

皆さん、今年のHintertuxが終わりました。

 

 

最終日にふさわしい天気に恵まれ雪質は最高のハードパック、予報は強風だったのが穏やかな一日となりました。

午前は奥の斜面から右の斜面に移動しレッスンよりフリー滑走を沢山しました。

斜面やスピード、回転弧などに馴れて課題をクリアした人が多く、次の課題に挑戦しています。

 

見ているとハッキリ分かるのが回転弧の描き方が進歩したことです。

回転弧の深さをレッスンしてから格段に滑りに厚み、迫力があります。

落ちるだけの滑りでスピードを楽しむのもスキーの醍醐味ですが、回転弧を極限まで深くして落ちる力に逆らいながら抵抗と釣り合う時、見えない力とやりとりしている時間は本人しか分かりません。

この抵抗とのやりとり(遠心力と求心力が釣り合った)を覚えたスキーヤーは幸せでしょう。

スキー技術の極みを感じた瞬間だから一段上の自分になった気持ちになります。

 

今回もこの極みを感じた人が沢山いました。

 

 

↑ このページのTOPへ

全員の心が一つに!!

皆さん、今日は6日目天気予報は晴れから曇り雪に変わってガッカリしていましたが、思いの外良いコンデションで滑れました。

 

今日は回転弧の魅力をテーマにロングターンは「深回り」、ショートターンは大、中、小の3つの回転弧を描いてみました。

 

そしてその成果は?????

練習2回、3回目に心は一つに!!!

個性やリズム感の違う一人一人が周りに合わせようと心が一つになった結果です。

皆さん、良くやりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑ このページのTOPへ

晴れが戻りました。

皆さん、今日は快晴に近い天気でした。

 

気温は−8度前後ですが風が強く体感温度は−10度以上です。

昨日まで降った雪でハードパックが少なく午前は柔らかめの雪のコンデションです。

午前は奧の斜面でフリー滑走から撮影、皆さん気持ちよさそうに滑っています。

後半はメインの急斜面で撮影、幻想的な雰囲気の中で滑りました。

Hintertuxは他の氷河スキー上と比べ色々な方向に斜面があるので、同じ時間で日当たりと日陰があります。

 

午後は裏の斜面に行きました。

行く機会が少ない裏の斜面ですがこんな写真が撮れました。

 

   

 

   

 

 

↑ このページのTOPへ

今日はブリザードの世界

皆さん、今日は朝から一日中強風で雪が舞い上がるブリザードの世界でした。

 

運が良ければ雪面が見えるけど悪いと白いカーテンが一瞬で視界を塞ぎます。

上の写真はよく見えているときのショット。

 

足下が見にくいコンデションを安全に攻略するために両足を前にして転ぶレッスン(笑い)

両足を体の前に出しながら転ぶとスライディングのようにショックが少なく転ぶことが出来ます。

目的はスキーの前後操作、運動です。

滑らかな円運動に欠かせないのが前後操作です。

回転弧と回転弧を繋げるのに効率の良いのが円を描く前後操作、運動です。

 

午後は氷河のアイスバーンを滑りました。

メインコースの最後の急斜面入り口まで露出した氷河がおよそ100m以上続き、回転弧を描くのにトライ。。。

無理、無駄、余計なことは一切通用しません。

本物の技術と攻略方法以外は1ターンも出来ません。

皆さんはもくもくとトライしてくれました。

結果はうまくいきませんでしたが、金曜日に今日よりうまく滑れると確信しています。

 

小林平康

↑ このページのTOPへ

2日目快晴、3日目雪

皆さん、今日は3日目で雪でした。

 

昨日はアクシデントがありレポート出来ませんでした。

初日のランチで食べた物のせいか4人が体調を崩し、2人は朝から1人は昼から、もう一人は私で夕方からダウンしていました。

そのため、昨日のレポートが無いのです。

 

昨日は快晴で斜面のコンデションは最高、ー10度なので滑っていても寒さを感じるほど湿度も低かったようです。

斜面は最高に滑るのでちょっと油断するとスピードオーバーになります。

軸を中心に両足の円運動が試されるコンデションで各自が滑りの調整をしました。

 

午後は最高のトレーニングバーンです。

ブレーキングのショートターンから円を描くショートターンをテーマにしました。

スピードコントロールが出来なかった人が急斜面の最後までコントロールする滑りを見せてくれました。

夕暮れまで滑って人たちです。

 

 

今日は雪で午前は視界が良かったのですが、午後はガスも濃くなりレッスンでした。

Hintertuxの急斜面や氷河が露出しているアイスバーンをいかに攻略する遊びも取り入れて滑りました。

 

今日のランチです。

                           

  

 

↑ このページのTOPへ