活動報告 | STAFF BLOG

猛吹雪

皆さん、今日のかぐらは猛吹雪、視界0もありました。

 

強風で高速リフトは運休、第一ロマンスリフトだけです。

気温は−5度ですが風で−10度くらいに感じました。

真冬に逆戻りで身体が悲鳴をあげています。

 

リフト乗り場は並んでいますがコース内に人はまばら。

なぜならほとんどはオフピステを滑っているからです。

 

今日からプライベートレッスンがスタート。

お客様は一人。

私も滑ります。結構滑りました。

 

午前中の後半は視界0になるほどブリザード。

と言うわけで昼食後はみつまたに下山。

 

みつまたは気持ちよく滑れビデオ撮影も出来ました。

雪は夕方になっても降っています。

 

 

小林平康

↑ このページのTOPへ

今日の中里と八方

皆さん、今日は大阪キャンプで八方尾根スキー場です。

 

パノラマコースと黒菱で滑りました。

どちらも積雪もあり安定したコースで沢山滑ることが出来ました。

気温が高かったので雪はザラメです。

3月の雪です。

そのためコブ斜面となってしまいました。

1月の時より雪が少ない状態です。

特に写真のように一番下の国際ゲレンデは雪がほとんどありません。

ここは外国人が経営しているエバーグリーンの初心者専用ゲレンデ、エスカレーターがある所です。

私はここのリフトで下山してきました。

 

今日の中里、ビギナーエリアがこちらです。

キッズやスノーボードの初心者のレッスンが行われています。

横のエスカレーターも沢山の人が利用していると思います。

 

中里と八方の違いは5日から10日まで降った雪の量でしょう。

中里は延べで1mほど降ったのに対して八方は半分くらいだったようです。

八方にも沢山の初心者が行くので早く滑れるようになることを祈っています。

 

 

小林平康

↑ このページのTOPへ

ポールレッスンは小林特別レッスンでした。

皆さん、今日の中里は気温が高くなっています。

 

雪予報でしたが雪は降らず雨でした。

 

先週のポールレッスンはポールが立たないためフリー滑走の小林特別レッスンでした。

しかし、パノラマコースの上部はカリカリのアイスバーンで難度はポールレッスン並みでした。

 

最初はアイスバーンのため横ズレしていましたが、両スキーの位置を調整して横ズレが縦ズレとなってラインに合わせることが出来ました。

両スキーの位置とは内スキーのエッジが効く位置です。

両スキーの位置を少し調整するだけで安心できるバランスとなり回転弧の調整も出来るのです。

 

今週末も雪が少ないためフリー滑走のレッスンを予定しています。

 

写真はカリカリのアイスバーンとなったパノラマコース、午後1時には日陰となるので雪は硬いままです。

 

 

小林平康

↑ このページのTOPへ

八方で大阪キャンプ

皆さん、今日から日曜日まで長野県・八方尾根で大阪キャンプです。

 

10月に秋のオフトレーニングに参加された皆様のスキーキャンプです。

2011年から始まった大阪キャンプは八方尾根スキー学校の了解を得て10年目を迎えます。

 

大阪、関西圏の皆さんを対象にしましたが、現在では関東圏の方も参加し東西混合チームとなって凄い笑いのワンチームです(笑い)

参加者の皆さんスキーの情熱は半端ではありません。

この情熱と参加者同士のリスペクトでワンチームになっています。

 

今日はパノラマコースで1日滑りました。

素晴らしいコースコンデションで最高の気分で滑ることが出来ました。

 

帰りはリフトで下山です。

八方の上は素晴らしいコンデションですが、下は雪が少なくスキーを痛めるのでリフトでの下山でした。

 

中里は一昨日より少し雪が増えてコンデションは良くなりましたが、もっともっと雪が欲しい日が続いています。

 

小林平康

↑ このページのTOPへ

2020年始動

皆さん、新年明けましておめでとうございます。

 

2020年が皆様にとって良い年になることをお祈りしています。

 

今日の中里は昨日からの降雪で10cmほど積もりました。

白い雪で新年を迎えられて少しばかりですがホっとしています。

 

スキー場は第2、第3、第4、第5ロマンスリフトを営業です。

ビギナーズエリアやキッズパークも営業しています。

10cmと降雪が少ないため良いコンデションとは言えません。

滑る際には十分気をつけてください。

 

予報では今日の夕方から雪予報となって明日も降り続くようです。

順調に降れば明日から高速リフトも営業出来るかもしれません(希望的)

 

この雪が根雪になってトップシーズンに突進して欲しいですね。

 

 

小林平康

↑ このページのTOPへ

皆さん開校しました。

皆さん、営業準備も出来今日からスキー場はオープンしました。

 

ご覧のように雪は少ないながらレッスン開始です。

S校長は初心者レッスンです。

 

午前中は少ないお客様でしたが、オープン情報が流れたせいか午後は沢山のお客様が来て頂きました。

この写真は毎年来て頂いている団体のグループで、まだオープンしていないエスカレーターの横でスキーを楽しんでいました。

 

 

明日は晴れ予報で、明後日が雨か雪予報、31日から雪予報がしばらく続く予報です。

予報は変化しますが皆様をお迎えする私達はいつでも変わりなく笑顔でお待ちしています。

 

小林平康

 

 

↑ このページのTOPへ

晴れて最後は雪

皆さん、2日目の今日は朝から快晴に近い天気で爽快な一日になると思っていました。

 

午後2時くらいまでは視界も良く滑るコンデションも良好でした。

3時くらいから暗くなって雪が降り始めガスも出てきたので下山です。

 

混雑はしていましたがリフト待ちは少なく午前と午後を合わせると滑走本数は多く滑り込むことが出来ました。

初滑りの方でも斜面、スピードに馴れてバランスが良くなった人もいました。

 

今日からの参加者の皆さんには直滑降からデラパージュの連続を繰り返して、それからターンに繋げるとバランスの良い滑りになる人いました。

 

海外ツアーでも直滑降からデラパージュの連続をよく行います。

直滑降のバランスは両足を同時に動かせるバランスです。

直滑降からデラパージュに入るとき両足を体の前に押しながら両スキーを横向きにします。

この両足を前に押しながらの運動が円を描く回転運動に活用できます。

 

また、デラパージュから直滑降に戻す操作も行いました。

デラパージュのバランスが良いとスキーを直滑降に戻しやすくスキーのトップを谷に落とす操作が楽に出来ます。

横向きだったスキーを直滑降に戻す操作はターンの切り換えに活用できます。

 

この直滑降とデラパージュの連続で体全体のバランスが良くなって、回転弧をスムーズに繋げる滑りをする人が多くなりました。

 

 

フラットな斜面でデラパージュを活用すると落下スピードが早く長い距離を速く滑り降りることが出来ます。

私はこれで疲れず楽に滑っています。

デラパージュが出来ないのは新雪やコブ斜面など抵抗の大きいときです。

整備された斜面ならデラパージュがやりやすく前後操作や回転運動のベース作りとなるので今回活用しました。

 

明日はどんな一日になるか楽しみです。

 

 

小林平康

↑ このページのTOPへ

シーズンインです

皆さん、今日からシーズンインです。

 

昨日まで心配していたみつまたの雪ですが、朝一番はこんな感じでした。

予想以上の積雪で移動はスキーでした。

明日もかぐらゴンドラまで注意していけば大丈夫でしょう。

 

 

今日のかぐらは不安定な天気でした。

晴れもあれば曇り、ガス、時々小雪です。

午前の後半はこんな晴れもありました。

 

視界が悪い時間が長かったので条件の悪い時間を利用して斜面に合わせるバランスがテーマです。

初滑りの人もいましたが1本滑るごとに体を斜面に合わせバランスが良くなるに従い滑りが安定してきました。

バランスのベースになるのは直滑降で直滑降から回転するための運動、操作が必要です。

 

今回の参加者はレベルが高い人が多く、自分のベストポジションをいち早く見つけていました。

 

明日もバランスをテーマにバランスを楽しみたいですね。

 

 

小林平康

↑ このページのTOPへ

今日は雪でした。

皆さん、かぐらは雪でした。

ご覧のように雪は小雪で積雪となることはありません。

この時期はドカドカと降って欲しいのですが、細かい雪でか細い感じです。

かぐらがベストコンデションになるにはあと50cmほどの雪が欲しいですね。

 

中里は朝でかけるときは雨で雪になること無くやんでしまいました。

 

皆さんも早く安定した斜面を滑りたい気持ちと同じで私達も早く中里で滑るのを楽しみにしています。

 

 

小林平康

↑ このページのTOPへ

シーズンインコースNo2

皆さん、今日から2020シーズンの国内キャンプ・シーズンインコースが始まりました。

今日のかぐらは曇りでしたが人工降雪機の雪がある斜面は硬く起伏のある斜面でした。

自然雪の斜面はもう少し積雪が欲しいところです。

 

シーズン初めのこの時期はスキーのバランスを整えるのが目的になります。

バランスが悪いときは技術の上達は望めないことは皆様もご存じのとおりです。

シーズン初めにバランスを整えると技術上達が出来ます。

 

今日は午前の早い時間、お客様が少ないのでバランスを整えるトレーニングをしました。

直滑降が一番バランスを整えるのに優しく、スピードが高くなると難しい滑りとなります。

次に円を描く運動と方向性を確認しました。

 

午後もバランスを目的としたレッスンと撮影です。

 

小林平康

↑ このページのTOPへ