月山は最高のスキー日和 | STAFF BLOG

月山は最高のスキー日和

皆さん、今日の月山は天気に恵まれて最高のスキー日和でした。

 

朝から気温が上がり明け方は一桁だった気温が上昇して月山でも24、5度だったと思います。

今年の月山は例年通りの積雪量ですが、私が見たことの無い縦ミゾ(雨が流れて出来たスジ状のミゾ)が深くフラットな面がありません。

そのためターン後半はスキーがバウンドしたりラインを外すことでバランスが崩れやすいコンデションです。

縦ミゾの斜面を滑る人がほとんどいないので恒例の片斜面は縦ミゾばかりです。

でも、滑りました。

ターンポジションが良いと一気にスキーを操作できるので落差の少ない深回りが出来ます。

午前中にバランスの良い切り換え直後のターンポジションを確認して、切り込む操作をレッスンして午後に臨みました。

バランスの良いターンポジションが出来ると一気に切り込み、さらに切り上がって回転弧を繋げています。

 

毎年、沢コースの片斜面で滑ると自分の技術の判断(バロメーター)が分かるので、参加者の皆さんから技術が上がった、自信が湧いた実感を聞いています。

皆さん、月山の片斜面で自分の技術を判断してください。

 

小林平康

 

4月と比べると

スキーキャリーのある場所はキャリーの上まで雪がありました。

建物に入る階段は下っていたのです。

 

 

リフト下は高山植物が茂っています。

4月は雪の上をスキーがついて滑っていました。

左側の枝や木が雪の下で一面雪でしたが今日見ると信じられない光景です。

 

 

 

恒例のテラスビール。

スキーが終わり満足感、達成感がある人は至極の一時ですね。

この頃は、やつなみさんの方から「ビールですね」と床を滑り込みながら応対してくれます(笑い)

 

 

↑ このページのTOPへ

コメント

ゴーグルを頭に乗せたままってとこが、とりあえずビール!!感バリバリですねっ!(笑)

  • yoshiko
  • 2019/05/25 19:41