晴れて最後は雪 | STAFF BLOG

晴れて最後は雪

皆さん、2日目の今日は朝から快晴に近い天気で爽快な一日になると思っていました。

 

午後2時くらいまでは視界も良く滑るコンデションも良好でした。

3時くらいから暗くなって雪が降り始めガスも出てきたので下山です。

 

混雑はしていましたがリフト待ちは少なく午前と午後を合わせると滑走本数は多く滑り込むことが出来ました。

初滑りの方でも斜面、スピードに馴れてバランスが良くなった人もいました。

 

今日からの参加者の皆さんには直滑降からデラパージュの連続を繰り返して、それからターンに繋げるとバランスの良い滑りになる人いました。

 

海外ツアーでも直滑降からデラパージュの連続をよく行います。

直滑降のバランスは両足を同時に動かせるバランスです。

直滑降からデラパージュに入るとき両足を体の前に押しながら両スキーを横向きにします。

この両足を前に押しながらの運動が円を描く回転運動に活用できます。

 

また、デラパージュから直滑降に戻す操作も行いました。

デラパージュのバランスが良いとスキーを直滑降に戻しやすくスキーのトップを谷に落とす操作が楽に出来ます。

横向きだったスキーを直滑降に戻す操作はターンの切り換えに活用できます。

 

この直滑降とデラパージュの連続で体全体のバランスが良くなって、回転弧をスムーズに繋げる滑りをする人が多くなりました。

 

 

フラットな斜面でデラパージュを活用すると落下スピードが早く長い距離を速く滑り降りることが出来ます。

私はこれで疲れず楽に滑っています。

デラパージュが出来ないのは新雪やコブ斜面など抵抗の大きいときです。

整備された斜面ならデラパージュがやりやすく前後操作や回転運動のベース作りとなるので今回活用しました。

 

明日はどんな一日になるか楽しみです。

 

 

小林平康

↑ このページのTOPへ

コメント