苗場WCを応援しましょう | STAFF BLOG

苗場WCを応援しましょう

皆さん、今日は晴れて気温が高くなりました。

 

ご存じの方もいると思いますが、2月22日23日は苗場でスキーWC、GSとSLの2種目が開催されます。

私達の中里スキー学校は中里スキークラブが母体になっているため大会のために準備作業を担当します。

すでに夜の作業に校長みずから担当しました。

 

校長の報告だと苗場の大会コースの積雪は十分であとはいかに氷にするかとのこと。

毎日、夜5:30から10:00まで水入れをしています。

雪の中に水を入れスケートリンクのようにします。

細部まで水を入れなければ砕けるので時間と根気のいる作業です。

 

水入れは2つの方法があります。

1つは消防のホースで大量の水を入れる方法と、細部まで入れるのがインジェクションです。

インジェクションは細い管(30cm)を雪に入れ、管には小さい穴が沢山あり、圧縮された水が吹き出る仕組みになっています。

これで細部まで硬い氷の層を作りその上を滑ります。

スケートリンクが斜面となっていると思ってください。

これで1番スタートした選手と70番目にスタートした選手にハンディキャップが出来ない大会が最高の大会と言われています。

2016年の苗場WCは気温が高くなり表面が緩みましたが下の氷は活きていて世界の関係者から賞賛されました。

今年も良い氷が出来、最高のパフォーマンスが見たいですね。

 

 

私は2日間とも観戦、応援に行きます。

2016年と同じ下から見てゴールライン右上の斜面で応援します。

皆さんも是非応援に来てください。

ヨーロッパの応援方法は選手の応援と仲間と一緒にビールやワイン、グリューワインなど飲みながら自分達も楽しむ応援をします。

皆さんも飲み物、食べ物を持ちよって世界最高峰の滑りを堪能してください。

お待ちしています。

 

小林平康

 

↑ このページのTOPへ

コメント