NZの料理あれこれ | STAFF BLOG

NZの料理あれこれ

皆さん、今日は食事の写真ですよ。。。

 

スキーは体力、気力を使ってお腹が減って食事は大切な栄養を補って明日のへの活力になります。

食事が美味しいレストランや宿舎は人気がありスキーヤーにとって重要な情報です。

 

これまで海外ツアーで美味しい食事を思い出すと一番に上げるのは、NZツアー宿舎・スノー&ストリームロッジの夕食でしょう。

奥さんのシノさんが作る料理はNZ風から和食、中華など私達の胃袋をつかんで離さない魅力的な料理ばかりでした。

スープ、前菜、メイン、デザート、コーヒー

1時間以上かけてノンビリと食事する時間は至福の一時でした。

 

 

まずはスープから

毎日、違うスープで日本人の口に合う味です。

もちろん、パンも付いているのでお皿が綺麗になります。(笑い)

 

 

 

次に前菜。

ご覧のように日本風の料理が小鉢で出てくるのでビール、ワインを飲みながら今日の出来事を皆さんが話し合う時間でした。

昼食はスキー場のビュッフェでハンバーガーなど洋食となるため小鉢の料理を摘まみながらホっとする瞬間です。

 

 

 

メインの料理はサーモンなど魚料理は1回くらいで各種の肉料理が多く調理方法が多彩なので毎日何が出てくるか楽しみでした。

味付けが日本人に合っているので全員が完食します。(地元レストランでは時々味が合わず残すことがあります)

量も全体の量に合わせて多からず少なからずちょうど食べたい分なのです。

ご飯も食べられるので足りない人は美味しいご飯も食べていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

メイン料理のあとはデザート。

こちらも日替わりで何が出てくるか楽しみの一つでした。

アイスクリームと何かが組み合わされています。

 

デザートの時間はコーヒーがセルフで飲めるのですが、コーヒーを作る人を決める「コーヒージャンケン」も楽しみの一つです。

ロッジの食堂は貸し切り状態なので皆さん寛いで楽しい夕食時間を過し、その後はビデオ、写真のチェック。

ビリヤードやトランプなどを楽しんで明日に備えていました。

 

以上の写真は毎日こまめに撮ってくれたSちゃん提供です。

Sちゃん、有難うございます。

 

 

スノー&ストリームロッジは小さな建物で不便なところもありましたが、シノさん、ジェミーさん従業員の皆さんが温かいおもてなしだったので毎年有意義で素晴らしい体験が出来たことは私達の財産と思っています。

 

↑ このページのTOPへ

コメント