サイド&バッグシリーズ | STAFF BLOG

サイド&バッグシリーズ

皆さん、今日はカメラの横を滑っているサイドショットと、後ろからのバックショットを紹介します。

 

トップスピードのままカメラの横を過ぎるとき、ターンの仕上げをしているサイドショットを見ると共通点があります。

エッジングのマキシマムから切り換えまでの仕上げでは、荷重を踵よりにする人がほとんどです。

いわゆる後傾バランスになっているのが共通点となります。

スキーがフォールラインを過ぎるタイミングでは、斜面に逆らう力が働き後傾バランスが釣り合いが取れているからです。

 

この仕上げの時間帯に抵抗を受けたまま切り換えに入る人と、スキーを身体の下に戻す操作を行っている人がいます。

技術的にはどちらも切り換えられます。

技術力の優れている人はスキーを身体の下に戻す操作をしてから切り換えるのを多用しています。

 

抵抗をどんなバランスで受けているかを注目してみてください。

 

およそ60km位のスピードで横をすり抜けています。

抵抗を受けるバランスはやはり後傾バランスですね。

内スキーから上がる雪煙を見ると少しブレーキをかけています。

実はここは中斜面から急斜面に斜面変化するポイントで、回転弧を切り上げて急斜面に飛び込んで行くBッサーの後傾バランスです。

 

 

 

上の写真と同じ場所、同じタイミングです。

やはり後傾バランスでエッジングを終わらせようとしています。

内スキーの山側に上がる雪煙から少しズレが起きているのが分かります。

また、外スキーバランスになっているので、この後の切り換えでは踏み替えによる切り換えとなるでしょう。

Mさんは抵抗と釣り合う角付け角や体軸が安定してくると、スキーがカービングして前に走るので両スキー同時切り換えになります。

 

 

 


ターンを仕上げて切り換える直前です。

左ストックを突く動作が始まって角付け角も浅くなっています。

スキーの向きは浅めの回転弧のまま急斜面に飛び込もうとしています。

ストックの動きを見るとR君独特の上体のローテーションを利用して、体軸を谷に落とし込む切り換えが想像できます。

 

 

 

 

ターンを仕上げているバックショットです。

雪が柔らかく重いコンデションをW君は外スキーのたわみで攻略しています。

スキーのたわみはスキーセンターより若干後ろ寄りが一番たわむのでわずかな後傾バランスとなっています。

スキーが前に滑っているのでスキーが身体の下を通過して切り換え直前です。

 

 

 

急斜面で深回りをしてターンを仕上げています。

外スキーのテール部分が雪に潜っていることから後傾バランスであることが分かります。

ただこのまま切り換えると反動で上体が浮かされるので、両スキーを前に滑らせ身体の下を通過させてから切り換えるとスムーズになるでしょう。

 

 

 

 

ターンの仕上げで両スキーを身体の下に戻す操作をするとスムーズでこのようなバランスになります。

両スキーが身体の下を通過して角付け角が切り替わっています。

S君は普段からベンディング系の切り換えが得意で安定したバランスです。

このベンディングの時間帯に角付け角を早めにセットして、早く抵抗を受けるようになると流れるような滑りに発展します。

特にコブを通過するときに威力を発揮する切り換えとなります。

 

 

 

 

切り換え直後は前傾バランスが有利です。

この「前傾」は解釈の仕方でいくつかに分類されると思います。

H君スキーの位置と向きを考えると斜面に対して身体が谷側にあります。

私はこれを前傾と呼んでいます。

両スキーは角付けされスキーのトップから糸を引くような綺麗な雪煙を上げ、スキーがたわみ始めています。

身体は前に移動していませんが、身体が谷である回転内側にセットされ角付けで抵抗を受けた瞬間、スキーのトップは内側に切り込む力が働き、両スキーともトップからテールまで綺麗にたわむので、トップを押さえる前傾と考えるのです。

 

レースの世界では斜め前に立ち上がることを前傾と考える人もいます。

一般スキーヤーはタイムを競っていないので効率の良い(短時間、省エネな筋力と運動)方をお勧めしています。

 

 

 

 

 

切り換えて身体が内側に傾いて浮いています。

身体を支えているのはエッジではなく滑走面側です。

腰が高いのと両スキーでバランスを取っているので、このあとスムーズにターンを仕上げています。

一瞬ですがアンバランスのバランスとなっています。

切り換えで上体から突っ込んで浮いたものと思われます。

このようなことはよくあるので腰高と両スキーバランスでカバーしてください。

 

 

 

 

 

エッジングのマキシマムに向かっています。

身体全体がスキーのセンターより少しですが前よりのバランスです。

このタイミングで前傾が深いとマキシマムでつんのめることになります。

左足が腰に対して後ろ過ぎてつんのめるのです。

気持ちが先行するとこのバランスなりますよ。。。。

 

 

 

 

 

スキーがマキシマムに向かっています。

荷重する方向を推察するとスキーの横に押す力が外スキーだけに働いています。

良いバランスなので両スキー前に走らせる荷重をするとターンの仕上げが良くなります。

両足を丸く動かすイメージです。

 

 

 

 

 

ちょっと特徴的なバランスを紹介します。

急斜面で深回りをしているタイミングです。

大きな抵抗を受けてブレーキ要素の高いエッジングとなっています。

ショートターンでこのような上体の谷向きはよく利用しますが、ロングターンで60km前後のスピードでこのバランスは地球とケンカしている感じです。

最新のレーステクニックは深回りなるほどスキーが進む方向に身体を向けて加速するようです。

 

 

如何でしたか。。。

サイドショットやバックショット、見る方向が変わると見方も変わる面白い現象があります。

どんな角度からもスキーは推察することが出来るので、カメラの横、後ろまで気合いを入れて滑って写真を参考にしてください。

 

↑ このページのTOPへ

コメント