除雪の準備完了 | STAFF BLOG

除雪の準備完了

皆さん、先日から温かい日が続いて山の雪も溶けてしまいました。

 

今日は湯沢町の除雪隊の話です。

ご覧のように除雪するロータリー車やブルドーザーが準備完了して待機しています。

11月下旬には高速道路、国道、県道に雪が積もる可能性があるのでいつでも出動できる体勢が整っています。

ロータリー車やブルドーザーは、大中小と3タイプの大きさがあり道路の幅に応じて使い分けています。

高速道路、国道など幅の広いところは大きいロータリー車やブルドーザーが活動し、県道や細い道では中型のロータリー車やブルドーザーが担当しています。

 

一番可愛いのが小型のロータリー車です。

車道の横にある歩道はガードレールがあるため幅が1mから1,5mしかありません。

そこをロータリー車が除雪してくれます。

私がよく通る道を可愛いロータリー車が除雪しているのを見るのが楽しみです(笑い)

 

湯沢町の除雪体勢を他と比べると日本一、いや世界一と私は思っています。

昔は豪雪地帯で今でも一晩でも1m近い雪が降ります。

他の地域では交通がマヒする時でも、湯沢町は除雪隊が活躍してくれマヒしたことがありません。

国道は3台が1チームで見事なチームワークで除雪しています。

ブルドーザー2台で雪を道の端に寄せてそれをロータリー車が飛ばしてしまいます。

 

除雪隊ともう一つ湯沢町の自慢できるのが、町内のほとんどに積もった雪を消す消雪パイプ(消パイ)があり、夜でも積もった雪を溶かす消パイがあり、それを巧みに利用して除雪隊は豪雪になっても動じない体勢を誇っています。

 

スキー学校スタッフの身内に除雪隊の担当者がいます。

除雪する基準は朝まで5cm以上の積雪があると出動ですが、それ以下だとお休みだそうです。

この情報で明日までの積雪が分かるので私達も助かっています。

 

湯沢自慢をしてしまいましたが、四季を通してここ湯沢(中里も)は魅力ある町です。

皆さんはスキーで湯沢を利用しているので冬の湯沢はよく知っていると思いますが、コロナ疎開している関係で四季の湯沢を紹介出来ます。

↑ このページのTOPへ

コメント