国内キャンプスタート | STAFF BLOG

国内キャンプスタート

皆さん、昨日からかぐらでシーズンインコース・国内キャンプのスタートです。

 

昨日のかぐらはオープンしていましたが、積雪が少なくコース幅が狭い上人が多いので2本滑って下山しました。

 

今日は新雪が積もり良いコンデションと思っていましたが、やはり大勢の人が滑ると新雪はあっという間に硬いアイスバーンとコブになって所々に石やブッシュも出ていました。

滑りにくいコンデションでしたが、レッスンはこのコンデションでも通用するポジション作りを狙いとして行いました。

ポジションで重要なのはスキーがたわむポイント(スィートスポット)に体軸を安定させることです。

両足で滑ると体軸は広範囲に動かすことが可能ですが、スィートスポットが感じられない場合があります。

そこでスィートスポットが分かりやすい外スキー1本の交互操作で滑ってもらいました。

オーソドックスなトレーニングですが、効果はテキメン、スィートスポットに乗ってスキーのたわみで滑っています。

馴れてくると角付け角を少し深くする足首、膝、腰の動きがあって回転弧が深くなりたわみで走る感覚を身につけました。

 

午後は両足で滑り、両足を軸を中心に小さい円を描く動きを続けると、滑らかな回転弧と回転弧が繋がるようになりました。

 

感覚を聞くとスィートスポットに乗った瞬間、スキーが走る角付け角を深めると回転弧が深まるなどの感想があり、両足を円を描くように動かし続けることも可能になりました。

 

午後の最後はアイスバーンとコブだらけですが、連続したターンで影響が少ない滑りをしています。

 

かぐらはこのあと降雪予報が続くので来週のキャンプは良いコンデションになると思います。

中屋さんの前に止めていた車にはおよそ50cmの雪が積もっていました。

 

 

小林平康

 

↑ このページのTOPへ

コメント