大阪セミナー | STAFF BLOG

大阪セミナー

皆さん、昨日から八方で大阪セミナーを行っています。

 

昨日はスキー場上部は強風のためリフトが動かず兎平の上は写真のように猛吹雪でした。

八方のように標高差があるスキー場は上がクローズでも中間から下がオープンすることがあります。

中里のように1本のリフトで上まで行けるスキー場と違いどこで滑るか迷うことがあります。

 

午前は咲花ゲレンデで外スキー1本の滑りからスタートです。

咲花は緩斜面で滑りのベースを作るのに最適です。

外スキー1本で前後操作とわずかですが角付け角を深める操作をトレーニングです。

この2つの操作で体のバランスを整え、自分のベストポジションを身につけます。

何本か滑るうちにベストポジションになる人が増えてスキーがたわみカービングします。

このあと両スキーで前後操作と角付け操作を行うと大変良いバランスとなり、急斜面でもバランスが崩れない滑りとなります。

 

午後は急斜面のたてっこやセントラルのコブにもトライ、皆さん急斜面とは思えない安定した滑りをしていました。

リーゼンクワッドで登ったところ兎平から上は写真のように猛吹雪、ホワイトアウトしないように降りてきました。

 

小林平康

↑ このページのTOPへ

コメント