STAFF BLOG

27日今日の中里

皆さん、今日の中里をご案内します。

 

先々週に積もった雪が毎日減っていますが、コース内は圧がかかっているので以外と滑れます。

ただし、狭い第2ロマンスリフトの通路などの中央部分は土が出ました。

 

高速リフトからのパノラマコースも所々、ブッシュや石も出始めました。

 

第3、第4ロマンスリフトはまさに通路です。

 

今一番気になるのが天気です。

天気予報は今日から雪が降り続くようですが、雪が降り始めたのは午前6時過ぎからで予報では朝まで10cmの降雪予報が外れました。

シーズン始めの降雪予報が外れるのはよくあることで1日遅れで降ることもあります。

 

降雪予報は雪マークでNHKなどの全国放送では大雪や寒波を大袈裟に予想しています。

しかし、中里の天気予報では降雨量を見ると1時間あたり0〜1mmです。

しっかりと積もるには2〜5mm必要です。

 

4つの予報をみていますが、どれも違いニュースウェザーやヤフーの予報では2〜5mmで、tenkiなどは0〜1mmです。

皆さん、どちらが正しいのでしょうか?

もちろん、ニュースウェザーやヤフーに期待しています。

 

いづれにしても明日から白銀の世界で皆様をお迎えしたいと思っています。

早く降って欲しいですね。

 

明日もお知らせします。

 

 

小林平康

 

↑ このページのTOPへ

海和氏とのコラボ

皆さん、昨日お知らせした海和氏ですが、なんとスタッフのMがもう1冊の表紙を見つけてくれました。

 

1986年発行スキージャーナルの別冊で「ザ・マスターOFスキー」です。

実はこの写真も記憶が無いのです。

ちょっとおかしいと思いませんか!!!

 

写真は確かに海和氏と私です。

でも、本の中には私は登場していません。

写真も文書も何もありません。

不思議ですね。

 

海和氏は私より年下ですが山形出身で同じ東北人として親しみを持っていました。

共通点にスキーブーツは競技時代、カベールの「コンペS」です。

二人とも長く愛用していました。

 

あのステンマルクと同じです。

ステンマルクが履くコンペSの担当者・?(名前忘れました)

イタリアのモンテベローナに住む職人の家を訪ねステンマルクが履いていたコンペSを見せてもらったことがあります。

 

海和氏と出た大会で一番の思いでは、1975年の苗場WC・SLです。

1本目10位以内だった海和氏が2本目どんな滑りをするか会場全体が騒然とする場面でした。

2本目、本人に聞いていませんがいつもより力が入った滑りに見えました。

結果は確か12位前後だったと思います。

この時、柏木氏(以前に紹介した)が日本人初のWC・SLでポイントを獲得したのです。

私にとっても忘れられない大会となりました。

 

小林平康

↑ このページのTOPへ

お宝見つかりました。

皆さん、お宝シリーズの続きです。

 

私どものスタッフがお宝シリーズを見て確か実家に昔のスキージャーナルがあるのを思い出し、探し出してくれたのが上の表紙です。

1986年12月号ですが、この写真に記憶が無いのです。

当時のスキーヤーの皆さんからすると大変失礼なことですが、思い出してもどこで撮影したかも分かりません。

確かに私がモデルです。

ウェアーは中里スキー学校のユニフォームで、帽子はロッジ・ボーゲンのデザインです。

多分、中里で撮影したとしか考えられませんが、雪はウインドクラストしているのでどこでしょう。

 

カメラマンは当時のスキージャーナル専属の加藤氏でした。加藤氏とは長い間お付き合いさせて頂きお世話になりました。

数年前に他界されてしまい今は天国から見守ってくれているでしょう。

 

本誌には一緒に大会に出ていた海和俊宏氏、日本人としては天才的な能力の持ち主です。

彼は世界に出て初のトップシード選手となりました。

また、WCで大活躍していたボーヤン・クリジャイ氏も載っています。

ボーヤンとはカザマの契約期間にスキーテスト、国際技術選では同じジャジマンとしてお付き合い出来ました。

世界のスーパースター二人と一緒に活動できたことは私にとって貴重な経験でした。

 

スタッフのM有難うございます。

おかげで昔を思い出しています。

 

小林平康

 

↑ このページのTOPへ

今日は

皆さん、今日の中里を紹介します。

 

昨日の午後は雪も降っていましたが、だんだん雨に変わりしとしと降っていました。

したがって、積雪もだいぶ減りました。

 

メインとなるコースは雪を集めて圧雪状態なのでしっかりしています。

ただコース幅が狭くこれ以上広げることは出来ません。

 

高速からのパノラマコースは以前として25cmの圧雪です。

中間からは安定しているので上級者の方もそれなりに滑れます。

 

第2ロマンスリフトからの通路はまだ雪がありますが中央部は沢山滑ると出てくると思います。

 

第3ロマンスリフトからのコースはコース幅が狭く制限されています。

 

明日は第4ロマンスリフトも営業予定です。

こちらはまだ滑っていませんが回転する幅があまりありませんので気をつけたいところです。

 

第5、第6ロマンスリフトは予定がありません。

 

自然の雪が頼りのスキー場はどこも難しい営業を強いられていますが、スキー場スタッフの皆さんは懸命にコースの確保に努力しています。

スタッフの皆さんの苦労が雪を呼んでくれることを祈っています。

 

 

上の写真はリフト乗車、降車のシミュレーション用で結構利用度が高く、レッスンでも利用しています。

支柱や搬器にはクリスマスのデコレーションをしています。

初めての方にぜひお勧めしたいのは、待つ位置から乗車する位置まで「移動し座る」ことと、降車のため「立ち上り滑る」ことを覚えたいですね。

リフトに乗れる人は気づかない点なので早く覚えてくれるのを期待しています。

 

 

小林平康

 

↑ このページのTOPへ

今日の中里


皆さん、今日は朝から快晴です。

 

気温が下がっていますが、これから上がる予報が出ています。

コースコンデションは高速リフトからの斜面にはおよそ25cm〜40cmの圧雪状態です。

コース幅が狭いけど滑るには問題ありません。

 

第二ロマンスからの通路はまだ安定していますが、気温が上がると少なくなるでしょう。

 

第三ロマンスのコースは雪をコース横から押し出しています。

まだコース幅が狭いので気をつけなければいけません。

 

22日からの連休までに今の雪の上に積もると良いコンデションになりますが、雨や気温が高くなると厳しくなるでしょう。

 

今度は21日にコンデションをお知らせします。

 

 

小林平康

↑ このページのTOPへ

最終日は最高のコンデション

皆さん、シーズンインコースの最終日でした。

 

朝から晴れて雪は最高のコンデションとなりスキー日和でした。

気温も上がりましたが雪はパウダー状態なので滑りやすく快適です。

 

今回も「さすが、かぐら」がありました。

 

中里を始め他のスキー場はオープンしていましたが、コンデションの良いかぐらに大勢の人、人でした。

朝のロープウェイは40分ほど待ちましたが、みつまた、田代に分散しているのでリフト待ちも少なくコースは時々空く時間もありました。

 

天気が良いとお客様の滑りも良くなります。

ご存じのT長やYさんは気持ちよさそうに滑っています。

今回は女性陣も多く回転弧を楽しむことが出来たと思います。

 

今年のシーズンインコースはキャンセルもあり、少ない日数でしたが参加された方は満足感があったと思います。

 

この後は中里で小林特別になります。

皆さん中里でお待ちしています。

 

 

小林平康

↑ このページのTOPへ

今日も雪でした。

皆さん、今日のかぐらは雪でした。

 

コースコンデションは良くなっています。

しかし、雪が降っているため視界が悪く雪面が見にくくなっています。

 

今日から田代スキー場がオープンしたので大混雑が無くなりレッスンは順調でした。

オフピステにも入りましたが問題ありません。

 

今日は午前はロングターン、午後はショートターンと余裕のあるレッスンが出来ました。

明日は晴れる予報なので皆さん期待しています。

 

小林平康

 

↑ このページのTOPへ

中里スキー場・オープンです

皆さん、中里スノーリゾートはオープン予定だった今日から2018〜19シーズンの開幕です。

 

先ほどスキー場から連絡がありオープンが決まりました。

金曜夜から降った雪で第2ロマンス、第3ロマンスの2本が動きます。

 

今シーズンも皆様とお会いできるのを楽しみにしています。

 

 

小林平康

↑ このページのTOPへ

今日は猛吹雪

皆さん、シーズンインです。

 

かぐらは終日、猛吹雪でした。

特に上部は強風でブリザードとなり雪面が見にくく滑りにくいコンデションです。

かぐらの斜面は先週から比べると雪も増えて良くなりましたが、わずかな起伏があるためバランスが取りにくいコンデションとなっています。

 

午後は風が強くなったので、みつまたに移動して視界の良いところで滑りました。

 

午前は体軸を中心にした両足の円運動、午後は外足1本でスィートスポットを安定させる滑りを行い、最後は両スキーで行いました。

やはり、両スキー、両足の同調が出来る方は円運動が滑らかで悪いコンデションでも安定しています。

外足1本から両足になったときさらに円運動が楽にスムーズになっていました。

 

明日はもっとコンデションが良くなって欲しいものです。

 

 

小林平康

↑ このページのTOPへ

スキー場・スキー学校のお知らせ

皆さん、週末に降った雪が溶けています。

 

50cmほどだった雪は20cmほどに減ってしまい早く次の寒波の到来を待っています。

さて、今日は4つのお知らせです。

 

1つは先日問題を出していたリフト支柱再利用のご案内です。

ご覧の場所に設置されました。

オレンジが目立ちますね。

センター前、ど真ん中ですよ。

 

こんな感じです。

今は高い場所に搬器がありますが、雪で調整して座りやすい高さとなります。

指導する人が搬器を後ろに引いて乗る人が乗車位置で待つ体勢が出来ればうまく乗車出来るところまで行うと良いでしょう。

さらに降車は降車場所に来たら立ち上がるシミュレーションをしておくとスムーズに降りられて安全です。

1度シミュレーションするかしないかで安全が確かめられますのでリフト初心者の方はぜひ活用してほしいものです。

 

 

2つめは今までの第2リフトがエスカレーターに変わります。

この場所に設置しています。

シングルリフトだった第2リフトは中里の初期からあったので惜しむ方も多いと思いますが、ビギナーズゲレンデとして生まれ変わります。

この左横にスキー学校のキッズならび初心者専用ゲレンデも併設されるので、初心者の方は次の目標が目の前で確かめられます。

乗り場は少し昇ったところで、宿舎のエンゼルグランディアから来る時と帰るときには便利でしょう。

 

上級者の方はジャイアントコース・ダイナミックコースから降りると誘導するコースが出来ます。

 

 

 

3つめは土休日の混雑時にスキー学校のレッスン中はリフトの優先乗車が可能となりました。

優先乗車専用レーンから一般のお客様と交互に乗車してもらいます。

これまで土休日でも一般のお客様を同じ乗車でした。

滑る回数が多いほどスキーやボードは上達します。

お客様には出来るだけ滑って上達を実感してもらい、次のステップになればと考えています。

中里スキー学校のレッスンは優先乗車が出来ると皆様からも口コミで広げて頂ければ幸いです。

 

 

4つめはご存じの方も多いと思いますが、一般レッスンご利用の際にはクレジットカードが利用できるようになりました。

すでに機器が設置されて皆様をお迎えできます。

利用できるクレジットカード(VISA、Master、JCB、AMERICAN EXPRESS、Diners)となります。

こちらもぜひ活用してください。

なお、バッジテスト、コースレッスンは現金のみとなります。

 

4つのお知らせでした。

↑ このページのTOPへ