STAFF BLOG

最高の天気

皆さん、今日のかぐらは最高の天気と最高のコンデション雪でした。

 

移動してレッスンしている田代も写真のように雪が多く安定しています。

この1週間に減った雪は10cmだけ、最低気温は0度前後で気温が上がってもあまり減らない珍現象です。

 

おかげでロングターンもレッスンで出来るのでお客様も色々な滑りを楽しんでいます。

 

明日も今日と同じく天気に恵まれそうです。

 

 

小林平康

↑ このページのTOPへ

連休後半は良い天気

皆さん、かぐらキャンプは後半戦となりました。

 

連休も後半となり天気が安定してきました。

昨日や1日は雨などで天気が不安定でしたが、今日は安定し春のスキー日和となりました。

 

かぐらはこの時期としては雪が多く安定しています。

安定している原因に朝の気温が低いため硬い雪の層がまだ残っているからです。

今日も午後になってもコブは深くえぐれずに浅めなのです。

今年は午前はロングターンかミドルターンのレッスンをしています。

本来、連休はロングターンは危険なのでミドルターンかショートターンしか出来なかったのが、雪が安定しているので午前中はロングターンもレッスンしています。

 

もう一つ、大混雑が少ないこと、10連休のせいかお客さんが分散しているのでしょう。

少し待つと人が空くので撮影などは助かります。

 

明日と明後日も良い天気予報で楽しみにしています。

 

写真は田代湖、氷が溶けて全面水面となっています。

 

小林平康

↑ このページのTOPへ

今日は春と冬でした。

皆さん、今日のかぐらは天気が回復し気温も上がり春の陽気となりました。

 

しかし、雪が白く冬の景色で春と冬が一緒になっている感じです。

ここ数日の最低気温がマイナスと低いため硬い雪の層があって、コブが浅くガリガリの硬い部分もあります。

そのため例年の連休は朝はフラットですがザブザブのザラメ雪が掘れて深いコブになりますが、今年は気温のせいか深いコブが少ないのです。

 

午前は田代でミドルターン、午後はかぐらでショートターンでした。

両スキーのたわみが出てくると回転弧の描き方が、浅い回転弧が深い回転弧となっています。

 

明日も晴れて気温も上がるので春スキーが満喫できそうです。

 

 

小林平康

↑ このページのTOPへ

猛吹雪

今日のかぐらは真冬に戻り雪が降り続け午後は猛吹雪でした。

 

一面真っ白でガスがかかり白い世界で滑っていました。

気温は0度ですが、風のせいか-4ぐらいに感じました。

 

斜面が見にくいのと起伏が見えないので皆さん大変苦労しています。

安定して滑るためにはスキーをたわませ続ける方法が一番安心でした。

 

午後はショートターンですが、驚いたのは回転弧の横幅をおよそ2mや3mと決めて滑るとバランスが良くなるのです。

明日もやってみたいですね。

 

小林平康

 

 

↑ このページのTOPへ

かぐらキャンプNo3です。

皆さん、今日からかぐらキャンプNo3がスタートです。

写真で分かるようにまだまだ雪が沢山あるかぐらです。(恐るべし)

 

連休より一足早いスタートですが、やはり金曜日で雨予報となるとガラガラでした。

かぐらに到着した頃は雨ではなく、なんと青空です。

午前の後半は雨でしたが、午後は雨がやみガスも上に時々、予報以上に天気が良いラッキーな一日でした。

 

ロングターンのパーツトレーニングで山回りが出来るほど空いているので色々なトレーニングが出来たせいか、午後の滑りは見違える人もいました。

また、今日はコブもトレーニング。

私も久々でしたが深くないコブで楽しめました。(笑い)

コブ攻略は膝の返しと回旋、これを行うと直線的だったラインが丸く、深い回転弧となって皆さんスムーズに滑っています。

 

小林平康

↑ このページのTOPへ

今日の中里

皆さん、平成もあと8日となりましたね。

 

今日の中里は曇りから晴れです。

スキー場の営業が終わり夏営業の準備中です。

すでにゴルフ練習場はオープンし、ゴルフのショートコースではゴミ拾いや清掃しています。

フォレスト・アドベンチャーも連休前にオープンします。

 

そんな中里ですが、写真は見慣れたリフト支柱です。

搬器は外して保管しているのでさっぱりしています。

今シーズンの中里で一番の人気スポットでした。

色が目立つだけに初めての人は必ず寄っていきました。(笑い)

 

 

こちらは第一駐車場の残雪です。

冬の間、駐車場に雪が沢山降った時はブルートレーンの奥に雪を移動し、営業が終わるとまた駐車場に戻しています。

この量を見ると今年の雪は多かったと思います。

汚れているので雪遊びは出来ませんが、連休で訪れた人はちょっとビックリでしょう。

 

もう一つ、中里も早咲きの桜が咲き始めました。

この連休は見頃の桜が沢山になるでしょう。

 

この時期の中里、湯沢は1年でも一番過ごしやすい時期です。

ぶらりと出かけてください。

 

小林平康

 

 

↑ このページのTOPへ

恐るべしかぐら

皆さん、かぐらに戻ってきました。

 

月山で雪の量に驚きましたが、かぐらに戻ってまた驚いたのは2週間前と積雪を比べるとあまり減っていないのです。

さらに今日の朝一のメインバーンは硬く締まっています。

恐るべき状況です。

かぐらだけでなくみつまたも全面どこでも滑れます。

やはり4月に入って気温が低い日が多く、新雪が数回降ったことで積雪量が減っていないことと、もう一つ雪が滑るのです。

ザラメになっていますがまだ水が浮くほど緩んでいないためでしょう。

 

写真の田代湖もまだ氷が3分の1あります。

午前中はロングターンを集中して出来ました。

 

明日は曇りながら気温が上がるのでどんな1日になるか楽しみです。

 

小林平康

↑ このページのTOPへ

月山ツアー終了

皆さん、昨日で月山ツアーが終わりました。

 

3日間とも晴れて天気に恵まれました。(ラッキー)

昨日は気温が上がり1週間前に降った雪が溶けて午後は滑らないコンデションとなり、圧雪コースでレッスンとなりました。

 

この時期の月山を見たことが無い方に紹介です。

ご覧のように宿舎からスキー場に向かう道は高い雪の壁です。

高いところで10m近い高さです。

ロータリー車で道を開けるのですが、開ける頃は連年より雪が少なかったようでその後に降った雪で今は連年並みだそうです。

 

 

 

 

こちらはスキーやボードを運んでくれるキャリーサービスです。

大変助かります。

15〜20分間隔でピストンしてくれるのでスキーなしでのんびり歩いていました。

 

 

 

 

 

木の間を滑るツリーランです。

コンデションが良いとコース外を滑るのが月山ツアーです。

今回は新しい雪が多く降って溶けたためツリーランが少なく大きな木がある所は敬遠しました。

 

ツリーランの攻略方法

1 絶対前に転ばない、バランスを崩すことが多いけど後ろに転ぶようバランスをとります。両足を常に前にして滑ると安全です。

2 目の前の木に目線がいきがちですが、木の下のスペースを見て回転弧を描きます。

3 ストックはじかに持って滑る、ストックが雪や木に引っかかって腕を怪我するのを防ぎます。

4 頭が木の枝にかかってゴーグルや帽子が取れますのでヘルメットが良いでしょう。

5 急激に止まれるスキーの長さで安全を保ちます。

6 併走して衝突を保つため前後の位置を保ちます、後ろの人は絶対に追い越さない。

他にもありますがこのことを守っていると安心、安全ですよ!!!!

 

 

 

 

以前にご紹介したビデオカメラですが、Wifiで転送できるメディアを使っているためスマートフォンに転送してご自分の滑りだけ見られます。

昼休みや夜のミーティング時に皆さん、自分の滑りを転送しています。

転送は自分の滑りだけ選択してもらいます。

他人に自分の滑りを見せたくない人もいますので個人情報を守るため皆さんのご協力をお願いしています。

 

凄く便利です。

これまでビデオ編集でDVDにすることも無くなり、連続写真も皆さんがコピーしてもらうため助かっています。

 

小林平康

↑ このページのTOPへ

月山ツアー2日目

皆さん、2日目も晴れました。

 

雲もありますが晴れて青空も見え気温も高く大変天気に恵まれました。

 

朝一は硬い雪にへこんだ方もいましたが、雪が緩んでからは皆さん張り切って滑りました。

午後はさらに雪が緩んで滑りやすくなりツリーランです。。。。。。

 

帰りは大斜面から右にトラバースして湯殿山側に降りるコースでネイチャーセンターまで下山です。

 

 

参加者の滑りですよーーーー

 

 

 

皆さん、帰りの湯殿山側に降りる途中で絶景に出会いました。

↑ このページのTOPへ

月山ツアー

皆さん、月山ツアーが始まりました。

 

昨年はリフト支柱の修理でキャンセルしたツアーでしたが、2年ぶりの4月の月山です。

雪の量は少ないと言われていますが、ご覧の通り階段が無いほどの積雪です。

 

今日の雪はウィンドクラストして手強い雪から、午後一は少し溶けて少し優しくなり、午後3時過ぎは気温が下がりクラスト復活です。

ウィンドクラスト、サンクラストの勢揃いです。

 

明日はどんなコンデションになるか期待しましょう。。。。。。

 

 

小林平康

 

リフトに乗車中でもスキーを滑らせます(笑い)

 

宿舎の「まいづるや」さんの前にこんなに雪がありますよ!!!!!

 

 

今回から新しい機材がを導入。

4Kのビデオカメラ

このビデオカメラはスマホにWifi連結します。

まだ使い方マスターできません。

どなたか教えてください。

ビデオカメラの耐久性は3シーズンです。

風雨に耐えて寒暖差に耐えて3シーズン、これまでのビデオカメラさんお疲れさまでした。

 

 

次はカメラレンズ

新しいレンズは18〜400mの望遠でタムロン製です。

重さは従来のキャノンレンズ70〜200mより少しだけ軽い。

 

レンズの耐久性はおよそ4〜5年。

カメラはもっと早く3年です。

 

皆さんの滑りを連写すると通常の耐久性より3分の1以下ですね。

 

↑ このページのTOPへ