STAFF BLOG

明日まで50cm

皆さん、今日から明日までに中里に50cmの降雪予報が出ました。

 

現在、230cmなので明日まで予想通りなら250cmくらいになりそうです。

250cmの積雪量が長く続くなら3月末まで最高のコンデションになるでしょう。

スキー場関係者と滑る皆さんにとって嬉しい積雪量です。

 

明日からフォルクルスキーの来期モデルの試乗会が行われます。

試乗会の内容は2月中旬まで公開できませんが、色々なモデルを試乗して皆さんにお知らせ出来ると思います。

 

 

小林平康

↑ このページのTOPへ

月山雪情報

皆さん、昨日月山から雪情報が入りました。

 

4月12日(金)〜14日(日)に予定している月山ツアーの宿泊予約をした際の志津温泉「まいずるや」さんからの情報です。

志津の部落で積雪量がなんと4mです。

ご主人は除雪や生活は大変と言いながら明るい声でした。

 

昨年はリフトの運休で中止した月山ツアーでしたが、順調に行けば一昨年のツアーより良い条件で滑ることが出来るでしょう。

 

また、6月のキャンプも雪に恵まれるかもしれません。

 

 

小林平康

↑ このページのTOPへ

変化しています。

皆さん、先日お知らせした一番人気のリフトが変化しました。

 

どこが変化したかはお分かりだと思います。

積雪が多くなりイスの位置が低くなったので搬器の部品を取り除いて高さ調整をしました。

 

支柱の長さでも分かると思います。

このあとも29日まで降雪が続きます。

もっと多くなったらどうするのでしょうか???

 

小林平康

↑ このページのTOPへ

2mを超えました。

皆さん、昨日からの降雪で205cmとなりました。

 

夜の9時過ぎから降り始め明日まで降り続くようです。

 

今年は山雪のようで少し離れた六日町は降っていません。

雪が多いはずの小出などは湯沢の半分くらいのようです。

長岡市民スキー場は積雪不足でクローズです。

 

また、毎年2月に行く島根のミズホスキー場は営業はしていますが自然雪が少なく、近くの大佐スキー場は積雪不足でまだオープンしていません。

北日本は雪が多いのに西日本は少ない状況です。

早く雪が降ってスキー場の営業が出来るように祈っています。

 

小林平康

↑ このページのTOPへ

一番人気ですよ

皆さん、以前スキーセンター前のリフト支柱再利用でリフトのシミュレーションについて紹介しました。

 

シーズンに入ってからお客様の一番人気となっています。

リフト乗車、降車のシミュレーションが目的ですが、インスタ映えするようで記念写真のスポットになっています。

土休日に限らずファミリーから仲間同士が撮影しあっています。

土休日は撮影待ちとなることもあり中里で一番人気となっています。

座る、立ち上がるだけでもシミュレーションとなるので大いに利用して欲しいものです。

 

積雪が185cmとなりました。

今日は晴れとなり久しぶりの太陽が顔を出してくれました。

コースは安定し最高のコンデションとなっています。

 

 

小林平康

↑ このページのTOPへ

フォルクル、ヘッド、フィッシャー試乗

皆さん、今月の29日から3日間、菅平スキー場で試乗会があります。

 

昨年まで単独で行っていた試乗会ですが、今年は新しい試みで3メーカーが合同で開催することになりました。

ヘッドとフィッシャーはWCなどで活躍する世界レベルのスキーメーカーです。

 

私もフォルクル以外のスキーを試乗出来る機会が少ないので大変楽しみにしています。

 

皆さん3メーカーの中で、このモデルの情報が知りたい方がいましたらご連絡ください。

試乗して情報をお届けします。

 

 

小林平康

↑ このページのTOPへ

180cmとなりました。

皆さん、中里は今シーズン最大積雪量の180cmとなりました。

 

昨日も今日も重い雪が降っています。

今後も雪予報が続きます。

 

1月から2月中旬までに降る雪は3月末まで残るので今は大変ですが雪の層が出来るのを期待しています。

 

急斜面はまだ段差があるのでもう少し積雪が欲しいところです。

段差が少なくなると圧雪する予定なので皆さんにとって急斜面のフラットバーンが滑れます。

 

 

小林平康

↑ このページのTOPへ

大阪セミナー

皆さん、昨日から八方で大阪セミナーを行っています。

 

昨日はスキー場上部は強風のためリフトが動かず兎平の上は写真のように猛吹雪でした。

八方のように標高差があるスキー場は上がクローズでも中間から下がオープンすることがあります。

中里のように1本のリフトで上まで行けるスキー場と違いどこで滑るか迷うことがあります。

 

午前は咲花ゲレンデで外スキー1本の滑りからスタートです。

咲花は緩斜面で滑りのベースを作るのに最適です。

外スキー1本で前後操作とわずかですが角付け角を深める操作をトレーニングです。

この2つの操作で体のバランスを整え、自分のベストポジションを身につけます。

何本か滑るうちにベストポジションになる人が増えてスキーがたわみカービングします。

このあと両スキーで前後操作と角付け操作を行うと大変良いバランスとなり、急斜面でもバランスが崩れない滑りとなります。

 

午後は急斜面のたてっこやセントラルのコブにもトライ、皆さん急斜面とは思えない安定した滑りをしていました。

リーゼンクワッドで登ったところ兎平から上は写真のように猛吹雪、ホワイトアウトしないように降りてきました。

 

小林平康

↑ このページのTOPへ

3連休あとの中里

皆さん、今日は曇り空でスキー場にはちらほらの人です。

 

連休あとの平日、1月はのんびりムードです。

 

コースは全コース安定していて思う存分滑ることが出来るコンデションとなっています。

 

平日お休みできる方はぜひお越しください。

 

 

小林平康

↑ このページのTOPへ

3連休スタート

 

皆さん、今日から3連休が始まりました。

 

天気に恵まれた今日は朝から大勢のお客様がスキー、スノーボードを楽しんでいます。

圧雪コースはフラットで大変滑りやすく、カービングターンで滑る人は気持ちよさそうです。

 

10日に積雪量が170cmでしたが、晴れて太陽の熱で雪が沈み込み今日は150cmとなりました。

そのため、急斜面は一時段差が無くなっていましたが雪が沈み込んだため段差が大きくなっています。

急斜面を滑るときはこの段差に気をつけてください。

10日にパウダーを楽しんだ人は最高だったと思います。

 

今日から2019年のポールレッスンが始まりました。

フラットでスキーのあとが残らないほど締まったコースです。

今年は参加者が少ないので良いコンデションで滑ることが出来るでしょう。

 

 

小林平康

↑ このページのTOPへ