STAFF BLOG

2日目は大雪

皆さん、今日は一日中大雪でした。

 

スキー場全体が雪とガスのため視界が悪く雪面が見えない天気とボコボコのコブで最悪のコンデションです。

見えにくい上にゴーグルが曇りホワイトアウト状態の方が続出。

そのため、午前は2本で昼食を食べて全体行動は終了。

元気な方3人だけが午後2本ですべてが終了しました。

 

大雪に気づいたのは下に降りてから、午前9時から午後3時まで40cmくらいの降雪だったのです。

駐車場の車は掘り出していました。

ホテルの周りも雪だらけ、こんな景色は初めてです。

 

ご覧のようにゴンドラは雪だらけ!!!!

ゴンドラと言えばグレーシャバスですが我々だけ通称「バイキンマン」と読んでいます。

写真のゴンドラは一番下ので一番新しい搬器です。

両開きで1つの入り口ですが、2番目のゴンドラも同じ搬器に変えました。

今までは片扉の2つの入り口でした。

乗り降りの効率が良いので変えたと想像します。

3番目一番上のゴンドラは今までと同じ2つの入り口です。

 

この写真はリフト券カードを返却すると2ユーロ戻ってくる機械です。

今年から改良されインターネットからメールで購入できるシステムになっていました。

毎年、何かを改善、改良するヒンタートックススキー場、搬器やこのような利便性を私達に提供してくれます。

 

 

 

 

 

バドホテル・キルヒラーの「魔女」がお亡くなりになりました。

私達は敬意を込めて「魔女」と呼んでいました。

90歳で入院して2日目に穏やかに永眠したとフロントのライナーが教えてくれました。

 

毎晩、夕食の席に来て短い言葉をかけてくれました。

短い言葉ですが「暖かい」「おもてなし」を感じる言葉です。

誕生日だったMちゃんは魔女からハグされ感激したシーンを思い出します。

私は「ボス」と呼ばれて参加者の皆さんを和ましてくれました。

心からお悔やみを申し上げます。

 

↑ このページのTOPへ

ヨーロッパスキーツアー初日

皆さん、今日から始まりましたヨーロッパスキーツアーのレポートです。

 

初日の天気はスキー場上部は猛吹雪、ガスで中間駅のあるSommerbergalmは、風は強く舞い上がっていますが太陽が出ていました。

柔らかい雪がコブとなってデコボコでした。

一日中ガスの中を予想していたのでコブながら雪面がよく見えて意外と楽しいスキーからスタートです。

 

今日は皆さんとノンビリと滑りました。

時差ぼけや体調を考えると無理できませんが、それより凄いのは沢山のスキーヤー(ボーダーはほんの少し)でコース内は大混雑。

混雑の原因にトレーニングバーンが猛吹雪でレーサーが入り交じっているので狭いコースは日本並みでした。

 

昼食を中間駅のレストランで食べて午後は3250mの頂上まで、猛吹雪とガスは無くなりましたが暗いので雪面が見えにくくメインコースを1本滑って全体行動は終了しました。

皆さん、午前中は晴れた中で滑ったのである程度満足そうでした。

アルプスの山が綺麗に見えて初参加の方もご満悦でしたが、頂上から見る大パノラマを見て欲しいものです。

 

明日は大雪の予報です。

昨日の夜到着してから雪が降り続いていてさらに降るのはこのツアーを始めた頃と同じです。

最初の頃は7日間のうち1日晴れがあれば良いと案内していたのを思い出します。

全日程雪が降り視界が悪くても納得してもらうため使っていた言葉です。

ここ10年くらいは晴れの日が多く雪が降る日が少なくなっていたので昔の言葉を再確認しました。

 

Sommerbergalmの上から裏の山をバックにパチリ。

 

上の写真の反対側、山の方向はこんな天気ですよ。

 

 

 

午後に登った頂上3250mで記念写真。

 

明日はどうなるかな?????

 

↑ このページのTOPへ

明日からヨーロッパスキーツアー

皆さん、今年のヨーロッパスキーツアーは明日羽田からスタートします。

 

氷河スキー場のヒンタートックスは積雪が130cmとなりここ数年では積雪量が多くなっています。

上部の斜面は全面滑ることが出来、今日からは中間駅までのコースがオープンしたのでスキーヤーが拡散します。

滑れるエリアが広いと気分良く安心して滑ることが出来るでしょう。

昨年は他の氷河スキー場のコンデションが悪くヒンタートックスに集中したため平日でも混雑していたのを思い出しました。

 

中間駅のSommerbergalmの斜面が滑るようになるとさらに色々な斜面が体験できるのでこれも楽しみです。

2016年は一番下のゴンドラ乗り場まで滑ったことがあるのでこちらも期待しています。

 

天気と降雪予報では初日の土曜から月曜まで雪予報です。

5年以上初日が天気が良かったので今回は雪の中からのスタートになりそうです。

 

初日が天気が良いと一番喜ぶのが初参加の方です。

360度ヨーロッパアルプスを見てコースの位置を確認して精神的な安心感を得ることが出来ます。

ヒンタートックスの9日間天気予報で良い天気が期待できるのは火曜から木曜です。

広大なアルプスの絶景が見られるのを期待しています。

 

今年の初参加者は2名でTちょうとYさん、二人ともベテランスキーヤーなので色々なコンデションを体験してもらいます。

 

ブログで現地情報をお伝えしたいと思っています。

写真が撮れたらアップしますので期待してください。

 

小林平康

↑ このページのTOPへ

各地から雪の便り

 

皆さん、朝夕の寒さを感じるようになりましたね。

 

昨日は北海道の旭川市で初雪、札幌の手稲山で初冠雪の便りが聞こえてきました。

例年より2週間ほど遅い便りですが、「雪」と聞くとワクワクしますね。

 

先日、広島からの帰り飛行機から富士山の上部が白くなっているのを見ていよいよだなーー

と、思っていました。

皆さんの周りでも山が白くなっている所もあると思います。

 

11月に入ると毎年気になるのがヨーロッパスキーツアーで行くヒンタートックススキー場の積雪量です。

3日に25cmの降雪があり下のホテル周辺にも雪が積もって冬景色となって安心しています。

それまで上部だけ白くその下は夏の景色だったのでホっとしています。

昔は10月に安心していましたが、温暖化の影響で遅くなっているのは世界共通でしょうか。

 

そろそろ、スキーの準備に入る皆さん、冬は駆け足でやってきますので早め早めの準備をお勧めします。

特にスキー用具やウェアは春に受付けて秋に納期となっている傾向なのでノンビリしていると手に入らないご時世となりました。

先日、テクニカグループジャパンからスキーを送る準備が出来ました、と連絡がありそろそろ感が増しています。

 

湯沢中里スノーリゾートは12月14日からの営業を予定しています。

あと1ヶ月ちょっとになりました。

皆さんにお会いできる日もあと少しとなり楽しみにしています。

 

小林平康

 

 

↑ このページのTOPへ

明日からスノーメンバー受付開始です

皆さん、秋らしい季節になりましたね!!

 

秋と言えば、「食欲の秋」「読書の秋」「スポーツの秋」と様々な季節感を感じる時期です。

スポーツの秋となると冬に向けてトレーニングする人や、スキー用具の準備やスケジュール調整する方もいると思います。

 

中里スキー学校では11月1日からスノーメンバーの受付を開始します。

長年ご愛顧頂いているスノーメンバーは、シーズンを通して一般レッスン受講料とスキー場リフト券がセットになっている便利なシステムです。

 

スキー上達を目的とするお客様から近年では冬の健康維持を目的とするお客様にもご利用頂いています。

スキーの魅力をご存じのお客様にとって、今の自分をさらに高めたいと思うモチベーションは大変大切なことと思います。

そんな思いを実現出来るのがスノーメンバーです。

 

これまでスノーメンバーに加入して頂いた方の中には、シーズン初めの滑りとシーズン後半の滑りが別人のよう高まった人がいます。

また、2年3年前と比べると明らかに上達した人もよく見かけました。

 

私はスノーメンバーのお客様のレッスンは時々しか出来ません。

しかし、レッスンは時々ですがスキー場では常に目にしているので、「Aさん」上手くなったと、客観的に感じます。

「上達」している本人が気づかないことをが多いのがスキーです。

「Aさん」本人に上手くなったね、と伝えると大変喜んでくれます。

今シーズンも上手くなるメンバーの皆様が増えることを期待しています。

 

スノーメンバーの申込は明日から中里スキー学校HPや電話、FAXで受付けています。

ご希望の方はご連絡ください。

 

 

 

皆さん、シーズンインまで2ヶ月前後となりましたが、スキーの醍醐味「爽快感」「スピード感」「満足感」などなどもうじき体感出来る日が近づいていますよ!!!!!

 

 

小林平康

 

↑ このページのTOPへ

スキー学校代表者会議とオフトレ東京会場

皆さん、今日は全国スキー学校代表者会議があり新国立競技場横の会場に行ってきました。

 

渋谷にあった岸記念体育館に入っていた日本体育協会は場所を新国立競技場横に移転し、名称を「Japan Sport Olympic Square」に変更し、全てのスポーツ協会が入っていました。

全日本スキー連盟も6Fにあり、今日は14Fの会議室で代表者会議が行われました。

皆さんには直接関係がありませんが、私ども中里スキー学校が公認を受けている全国スキー学校の発信源です。

 

皆さんに紹介したいのは「Japan Sport Olympic Square」の場所と二人の先達です。

ご覧のように建設中の新国立競技場の横にJapan Sport Olympic Square」があります。

以前の国立競技場の「青山門」から左に200mほどのところです。

神宮球場の近くで神宮ゴルフ練習場前で分かる人もいるでしょう。

スポーツの聖地と発信源が一体化したような気がしました。

 

会場の正面玄関には岸 清一先生の銅像があります。

岸 清一先生は、日本の弁護士、政治家。国際オリンピック委員会委員。日本の体育・スポーツ界発展のため尽力し、“近代スポーツの父”として慕われた。法学博士。(Wikipedia)より

 

 

 

もう一人はクーベルタン男爵です。

私が中学校時代にオリンピックの創設者と教わりオリンピックに対する憧れを抱く尊敬する人物でした。

クーベルタン男爵ピエール・ド・フレディは、フランスの教育者であり、古代オリンピックを復興させ近代オリンピックの基礎を築いた創立者である。(Wikipedia)より

 

二人の創設者によって世界と日本のスポーツが生まれ今日に至っていることを考えると、平和な世界でスキーが出来る私達は二人に感謝しなければと考えます。

 

 

 

次に紹介したいのは、オフトレ東京会場として利用していた神宮絵画館前の広場です。

オフトレ東京を予定していましたが、ご覧のように工事のため広場が利用できずキャンセルとなりました。

工事の日程では12月9日までとなっているので来年は利用できると思われます。

以前はごつごつしたコンクリートだったのが綺麗な舗装となっていました。

 

実は写真右奥に日本で「初の舗装道路」が残されており「案内のプレート」があります。

この舗装道路と案内プレートはぜひ残してほしいものです。

 

この広場から「Japan Sport Olympic Square」までは歩いて5分もかからない場所になるのです。

 

昨年のこの時期にここで当時の天皇陛下と皇后陛下が車で通り、私達しかいないのに手を振ってくれたのを思い出します。

 

 

小林平康

↑ このページのTOPへ

秋のオフトレーニング

皆さん、秋のオフトレーニング(昨年まで大阪オフトレーニング)が先週行われました。

 

台風19号の甚大な災害によって被害に遭われた皆様、亡くなられた方、まだ不明の方、その家族、また水害で家を失った方、以前の生活が出来なくなった方、全ての皆様にお悔やみとお見舞い申し上げます。

一日でも早く元の生活に戻れることをお祈り致します。

 

13日、14日は長野県の白馬で秋のオフトレーニングを行いました。

台風の影響を受けながらも参加された皆さん、お疲れさまでした。

中には高速道路が不通のため一般道だけで千葉から参加された方もいてびっくりです。

 

今回もトレーニングに集中しながらも楽しい汗をかきました。

基本ポジションの確認、ロングターン、ショートターンの動きをあらゆる状況をイメージしながらのトレーニングでした。

実際の斜面を滑った時の動きをイメージするとバランスの取り方や、タイミングが見えるようです。

 

雪上で滑るまであと2ヶ月あまり、この時期としてはスキーの動きをイメージするだけでも効果がありますが、動きを繰り返して身体に染みこませるとさらに効果倍増です。

 

これからオフトレーニングが出来る方は、斜面をイメージしながら行ってください。

傾きやひねりの動きを染みこませてシーズンインするとスムーズに入れますよ!!!!!

 

参加者の皆さん、困難な状況でも参加してくれ有難うございます。

秋のオフトレーニングをコーディネートしてくれたIちゃん、毎年まとめてくれ有難うございます。

宿舎のペンション・ボーゲンの皆さん、有難うございます。

 

 

小林平康

↑ このページのTOPへ

2020シーズン・パンフレット送付

皆さん、お待たせしました。

 

2020シーズンのパンフレットが出来上がり、本日皆様に発送しました。

新しいシーズンを前に準備をされている方、ぜひ中里スキー学校のレッスンならびキャンプをご利用ください。

 

パンフレットの他、シーズンインコースの案内、小林特別レッスンやシニアレッスンの案内とヨーロッパスキーツアーの案内も同封しています。

 

中里スキー学校・HPも本日から公開しました。

コースレッスンの申込みはHPからも出来ますのでご利用ください。

 

スノーメンバーご希望の皆様、今年も11月1日からの受付になります。

新たにご友人の方と滑れるようにリフト招待券2枚が付きました。

 

スキーのクラスが5クラスから4クラスに変更になりました。

スノーボードは初心者と初級者の2クラスになりました。

キッズのカモシカクラスは土休日の開校となります。

レッスン料が変更になっています。

 

 

 

スキー場のキッズ、初心者が利用する「ビギナーズエリア」にあるエスカレーターはドームが新設されます。

第4ロマンスリフトと第5ロマンスリフトの降り場から右に迂回コースが出来ました。

マウンテンテラスの中に食事が出来るスペースが出来ました。

ブルートレーン11号車が右に15m移動して、第3・4リフト乗り場が広くなりました。

下記の日の駐車場が有料となります。

有料日:2019/12/28〜3/14の毎週土曜日および、2019/12/29(日)〜2020/1/3(金)、1/12(日)、2/23(日)

平日と日曜日は無料ですよ。

 

 

皆さん、2020シーズンも中里スキー学校をご利用ください。

教師一同、皆様のお越しを心よりお待ちしています。

 

 

中里スキー学校・代表・小林平康

 

↑ このページのTOPへ

ヨーロッパスキーツアーの日誌と参加者一覧

皆さん、あと1ヶ月ちょっとでヨーロッパスキーツアーが始まりますが、これまでのツアーの整理をしてみました。

 

1998年が第1回目となり昨年まで21回開催しているヨーロッパスキーツアーです。

参加者一覧は1回目から21回目まで。

日誌は2001年からありました。

 

参加者には1回だけの人から14回も参加している人もいます。

1回だけでもヨーロッパの氷河スキー場を体験して強烈な印象を受け記憶に残るツアーだったと思われます。

ある人は「最初で最後」と言って参加し、「最初で最後」が3回となった人もいました(笑い)

一人一人に「ヨーロッパスキーツアー」の思い出があると思います。

 

その思い出は2001年から日誌として残っています。

以前はBBSやブログにも掲載していた日誌です。

これまでは、ビデオ、写真などで思い出すことがあると思いますが、日誌を見るとあーー、こんなこともあったのか、となるでしょう。

参加者した皆さん、日誌に興味がありましたらコピーして差し上げますのでご一報ください。

 

 

小林平康

 

 

↑ このページのTOPへ

東京オフトレーニングはキャンセルとなりました

皆さん、先日ご案内した東京オフトレーニングは全てキャンセルとなりました

 

今日は東京オフトレーニングの初日で神宮外苑の広場に行きましたが、なんと広場の整備のため立ち入りが出来ない状況となっていました。

9月の初めに下見をしたときは昨年と変わらず利用できた広場でしたが、今日は工事用のバリケードがあり広場に人がいません。

広場が利用できないのでトレーニングも出来ません。

そのため東京オフトレーニングは全てキャンセルせざるおえない事態となりました。

すでに申込があった方々には大変申し訳ありませんが、ご了承お願いします。

 

今年のオフトレーニングは東京と広島も開催しないので「秋のオフトレーニング」だけになります。

 

 

小林平康

↑ このページのTOPへ