STAFF BLOG

今日の中里


皆さん、今日は朝から快晴です。

 

気温が下がっていますが、これから上がる予報が出ています。

コースコンデションは高速リフトからの斜面にはおよそ25cm〜40cmの圧雪状態です。

コース幅が狭いけど滑るには問題ありません。

 

第二ロマンスからの通路はまだ安定していますが、気温が上がると少なくなるでしょう。

 

第三ロマンスのコースは雪をコース横から押し出しています。

まだコース幅が狭いので気をつけなければいけません。

 

22日からの連休までに今の雪の上に積もると良いコンデションになりますが、雨や気温が高くなると厳しくなるでしょう。

 

今度は21日にコンデションをお知らせします。

 

 

小林平康

↑ このページのTOPへ

最終日は最高のコンデション

皆さん、シーズンインコースの最終日でした。

 

朝から晴れて雪は最高のコンデションとなりスキー日和でした。

気温も上がりましたが雪はパウダー状態なので滑りやすく快適です。

 

今回も「さすが、かぐら」がありました。

 

中里を始め他のスキー場はオープンしていましたが、コンデションの良いかぐらに大勢の人、人でした。

朝のロープウェイは40分ほど待ちましたが、みつまた、田代に分散しているのでリフト待ちも少なくコースは時々空く時間もありました。

 

天気が良いとお客様の滑りも良くなります。

ご存じのT長やYさんは気持ちよさそうに滑っています。

今回は女性陣も多く回転弧を楽しむことが出来たと思います。

 

今年のシーズンインコースはキャンセルもあり、少ない日数でしたが参加された方は満足感があったと思います。

 

この後は中里で小林特別になります。

皆さん中里でお待ちしています。

 

 

小林平康

↑ このページのTOPへ

今日も雪でした。

皆さん、今日のかぐらは雪でした。

 

コースコンデションは良くなっています。

しかし、雪が降っているため視界が悪く雪面が見にくくなっています。

 

今日から田代スキー場がオープンしたので大混雑が無くなりレッスンは順調でした。

オフピステにも入りましたが問題ありません。

 

今日は午前はロングターン、午後はショートターンと余裕のあるレッスンが出来ました。

明日は晴れる予報なので皆さん期待しています。

 

小林平康

 

↑ このページのTOPへ

中里スキー場・オープンです

皆さん、中里スノーリゾートはオープン予定だった今日から2018〜19シーズンの開幕です。

 

先ほどスキー場から連絡がありオープンが決まりました。

金曜夜から降った雪で第2ロマンス、第3ロマンスの2本が動きます。

 

今シーズンも皆様とお会いできるのを楽しみにしています。

 

 

小林平康

↑ このページのTOPへ

今日は猛吹雪

皆さん、シーズンインです。

 

かぐらは終日、猛吹雪でした。

特に上部は強風でブリザードとなり雪面が見にくく滑りにくいコンデションです。

かぐらの斜面は先週から比べると雪も増えて良くなりましたが、わずかな起伏があるためバランスが取りにくいコンデションとなっています。

 

午後は風が強くなったので、みつまたに移動して視界の良いところで滑りました。

 

午前は体軸を中心にした両足の円運動、午後は外足1本でスィートスポットを安定させる滑りを行い、最後は両スキーで行いました。

やはり、両スキー、両足の同調が出来る方は円運動が滑らかで悪いコンデションでも安定しています。

外足1本から両足になったときさらに円運動が楽にスムーズになっていました。

 

明日はもっとコンデションが良くなって欲しいものです。

 

 

小林平康

↑ このページのTOPへ

スキー場・スキー学校のお知らせ

皆さん、週末に降った雪が溶けています。

 

50cmほどだった雪は20cmほどに減ってしまい早く次の寒波の到来を待っています。

さて、今日は4つのお知らせです。

 

1つは先日問題を出していたリフト支柱再利用のご案内です。

ご覧の場所に設置されました。

オレンジが目立ちますね。

センター前、ど真ん中ですよ。

 

こんな感じです。

今は高い場所に搬器がありますが、雪で調整して座りやすい高さとなります。

指導する人が搬器を後ろに引いて乗る人が乗車位置で待つ体勢が出来ればうまく乗車出来るところまで行うと良いでしょう。

さらに降車は降車場所に来たら立ち上がるシミュレーションをしておくとスムーズに降りられて安全です。

1度シミュレーションするかしないかで安全が確かめられますのでリフト初心者の方はぜひ活用してほしいものです。

 

 

2つめは今までの第2リフトがエスカレーターに変わります。

この場所に設置しています。

シングルリフトだった第2リフトは中里の初期からあったので惜しむ方も多いと思いますが、ビギナーズゲレンデとして生まれ変わります。

この左横にスキー学校のキッズならび初心者専用ゲレンデも併設されるので、初心者の方は次の目標が目の前で確かめられます。

乗り場は少し昇ったところで、宿舎のエンゼルグランディアから来る時と帰るときには便利でしょう。

 

上級者の方はジャイアントコース・ダイナミックコースから降りると誘導するコースが出来ます。

 

 

 

3つめは土休日の混雑時にスキー学校のレッスン中はリフトの優先乗車が可能となりました。

優先乗車専用レーンから一般のお客様と交互に乗車してもらいます。

これまで土休日でも一般のお客様を同じ乗車でした。

滑る回数が多いほどスキーやボードは上達します。

お客様には出来るだけ滑って上達を実感してもらい、次のステップになればと考えています。

中里スキー学校のレッスンは優先乗車が出来ると皆様からも口コミで広げて頂ければ幸いです。

 

 

4つめはご存じの方も多いと思いますが、一般レッスンご利用の際にはクレジットカードが利用できるようになりました。

すでに機器が設置されて皆様をお迎えできます。

利用できるクレジットカード(VISA、Master、JCB、AMERICAN EXPRESS、Diners)となります。

こちらもぜひ活用してください。

なお、バッジテスト、コースレッスンは現金のみとなります。

 

4つのお知らせでした。

↑ このページのTOPへ

国内キャンプスタート

皆さん、昨日からかぐらでシーズンインコース・国内キャンプのスタートです。

 

昨日のかぐらはオープンしていましたが、積雪が少なくコース幅が狭い上人が多いので2本滑って下山しました。

 

今日は新雪が積もり良いコンデションと思っていましたが、やはり大勢の人が滑ると新雪はあっという間に硬いアイスバーンとコブになって所々に石やブッシュも出ていました。

滑りにくいコンデションでしたが、レッスンはこのコンデションでも通用するポジション作りを狙いとして行いました。

ポジションで重要なのはスキーがたわむポイント(スィートスポット)に体軸を安定させることです。

両足で滑ると体軸は広範囲に動かすことが可能ですが、スィートスポットが感じられない場合があります。

そこでスィートスポットが分かりやすい外スキー1本の交互操作で滑ってもらいました。

オーソドックスなトレーニングですが、効果はテキメン、スィートスポットに乗ってスキーのたわみで滑っています。

馴れてくると角付け角を少し深くする足首、膝、腰の動きがあって回転弧が深くなりたわみで走る感覚を身につけました。

 

午後は両足で滑り、両足を軸を中心に小さい円を描く動きを続けると、滑らかな回転弧と回転弧が繋がるようになりました。

 

感覚を聞くとスィートスポットに乗った瞬間、スキーが走る角付け角を深めると回転弧が深まるなどの感想があり、両足を円を描くように動かし続けることも可能になりました。

 

午後の最後はアイスバーンとコブだらけですが、連続したターンで影響が少ない滑りをしています。

 

かぐらはこのあと降雪予報が続くので来週のキャンプは良いコンデションになると思います。

中屋さんの前に止めていた車にはおよそ50cmの雪が積もっていました。

 

 

小林平康

 

↑ このページのTOPへ

リフト支柱再利用の答え

皆さん、先日問題を出した答えをお知らせします。

 

その前に、コメントを頂いたのを紹介します。

 

コメント1

なんという名称かわからないけど、ボーダーがよくやってるやつ。
滑走面痛むだろうなぁ、っていうアレです。
半分土に埋めて。

  • yoshiko
  • 2018/12/04 13:32

コメント2

なんちゃってアスレチックのトンネルは如何でしょうか?

  • 小菅
  • 2018/12/04 15:48

私の返信

Yoshikoちゃん、小菅さんコメント有難うございます。                          
土に埋めるは正解です。
目的は?
どこに設置するのでしょうか?

 

でした。

 

 

 

答え

場所 スキーセンター前です。

   なんとセンター前の真ん中に設置です。

目的 リフト初心者皆さんに乗車、降車の予行練習が出来る搬器を設置してどなたでも利用できます。

 

経過 湯沢中里スノーリゾート社員の皆さんが、リフト初心者の皆さんに乗車、降車の予行練習に利用したい。

   素晴らしい発想ですね。

   さらに、今風のインスタンス映えするようにオレンジ色を塗ります。

   (スキー場にオレンジ色は目立つと思います)

 

私見 このインスタンス映えは私たちの年代では思いつかない発想ですね。

 

 

他のスキー場でも同じことをしているかもしれませんが、ここ中里では初めての試みです。

予行練習の搬器でシミュレーションした初心者の皆さんが安全に乗車、降車が出来て滑る楽しみを満喫して欲しいものです。

このブログを見ている皆さんはすでにリフトの利用は当たり前です。

私も同じでこの発想はありませんでした。

発想した社員の方に「座布団・5枚ですね」

 

小林平康

↑ このページのTOPへ

リフト支柱再利用・問題です。

皆さん、今日の中里は快晴で気温も20度近い暖かいを超えて暑い日となっています。

 

今日は皆さんに問題を出します。

朝からスキー場のスタッフが使用しなくなったリフト支柱を外す作業をしていました。

聞いてみると場所を移して再利用するとのこと。

 

さて、問題です。

1 どこの場所に移すでしょうか???

2 何に再利用するのでしょうか????

 

答えは「コメント」欄からお願いします。

ヒントはスキー場の中ですよ。

 

小林平康

 

↑ このページのTOPへ

スキー学校受付とトイレ

皆さん、今日は中里スキー学校の受付がある建物のトイレのお話しです。

 

秋から工事をしていたトイレ周辺が完成間近です。

受付の外玄関の扉から床、壁、天井をリニューアルし、トイレも全て一新男女の位置が変わり正面が女性トイレ、右側が男性トイレとなりました。

男性トイレの数は変わりませんが、女性トイレは2つになり洗面台が内側に2つと大変便利になったと思います。

照明も自動的に点灯、消灯式になったのでこれも便利ですね。

 

実はこの建物は大変古く国土計画時代2番目に建てられたものです。

1番は万座ヒュッテで次に建てられたのが受付のある建物です。

古くても作りは頑丈で1mの積雪があってもビクともしません。

しかし、トイレ側は北側なので風雨に耐えて老化していました。

そのため外壁もリニューアルしてトイレの空間は真新しくなっています。

 

スキー学校共々トイレもご利用ください。

 

正面が女性用、右が男性用。馴れている人は間違わないように。。。。

 

 

トイレの中は親子でも入れるスペースがあり、女性トイレには2つの洗面台もあります。

 

↑ このページのTOPへ